アウディは、V2I(車-インフラ間の通信)を利用して、米ネバダ州ラスベガスで信号機と自動車のネットワーク接続を実車に導入することを発表しました。

1

まずラスベガスから導入をはじめ、米国内の他の都市に拡大し、その後欧州でも導入を検討する計画としていますが、今のところ、日本への導入については今回の発表では触れられていません。

2016年6月以降に製造された米国向けのアウディ・コネクトに対応する新型Audi「A4」と「Q7」にはV2Iコンポーネントが搭載され、インストールされている「Time-to-Green」と名づけられた信号機とのネットワーク接続機能はクルマの流れを最適化し、時間を節約するとともに環境への負担を軽減します。

動画を見るにはこちら

アウディの開発担当者アンドレアス・ライヒ氏によると、

「アウディをスマートシティと接続して、エネルギー効率を向上させます。その後、V2Iサービスも導入し、クルマをインタラクティブなモバイルデバイスにします。この開発の到達点には、自動運転も視野に入っています。」
ということです。

「Time-to-Green」からは、アウディバーチャルコクピットまたはヘッドアップディスプレイに車両が向かっていく信号機の情報が表示され、信号機が赤から青に変わるタイミングをドライバーに伝えるようになっています。

ドライバーは信号機が変わるタイミングが事前に分かることで、よりリラックスして効率的な運転ができるようになります。

また制限速度内で走行すると、目前の赤の信号が停止線に到達する前に青に変わるかどうかを確認することもでき、さらに信号が青に変わるまでの時間をカウントダウン表示できるので、ドライバーは表示を見てあらかじめアクセルを緩めて車両のスピードを調整することができます。

アウディはヨーロッパでパイロットプロジェクトを実施し、「Time-to-Green」の信号機情報のおかげで先を見越した運転ができ、交通の流れがスムーズになることを確認しています。同社ののトラフィック・ライト・インフォメーション担当のプロジェクトマネージャー ミハエル・ツヴェック氏は、

「弊社のテストでは、赤信号で完全に停止する車両数が20パーセント前後も減少しました。ドライバーにとっては時間の節約になり、パイロットプロジェクトでは約15パーセント燃料が節約できることも確認されました」

と「Time-to-Green」の効果を説明しています。

アウディが信号機のインフラとの連携が必要な同システムの導入することができたのは、米国では地方自治体の交通管制センターが、信号機データをアウディのプロジェクトパートナーであるトラフィックテクノロジーサービシス(TTS)に提供する仕組みが構築されていることによるもので、TTSはデータを処理して、4G/LTEのような高速インターネットサービスを経由して、リアルタイムでアウディ車のV2Iコンポーネントに情報を送信することができました。

また、欧州での導入については、ベルリン、インゴルシュタット、ガルミッシュ-パルテンキルヒェン、ヴェローナの各都市域限定でパイロットプロジェクトが進行していますが、欧州各国の信号機インフラが統一されていないため、欧州全域への導入は信号機インフラの統一が完了した後になるようです。

今後気になるのが、同システムが日本向けのアウディ車にいつ導入されるか、という点ですが、システムの問題を早期に解決し、早期に日本向けの車両にも同システムを搭載することが期待されます。

(山内 博・画像、動画:アウディ)

アウディ、ラスベガスで信号機と自動車のネットワーク接続をスタート。(http://clicccar.com/2016/12/13/425731/)