映画『ラビング 愛という名前のふたり』歴史を変えた愛を貫く夫婦、コリン・ファースが制作陣に参加

写真拡大

映画『ラビング 愛という名前のふたり』が2017年3月3日(金)より順次公開される。

本作は1958年のアメリカを舞台に、異人種間の結婚が違法だった当時結ばれたラビング夫妻の実話を元したラブストーリー。妻のミルドレッドが、ケネディ大統領の弟であるロバート・ケネディ司法長官に書いた1通の手紙をきっかけに法律が変わる軌跡を描く。

実話に深い感銘を受けたのが、映画『英国王のスピーチ』でアカデミー賞に輝いたコリン・ファース。彼がプロデューサーに名乗り出て、今回の映画化が実現した。スクリーンに焼きつけられた実在の夫妻の慎ましくも美しい人生、そして主演の2名の一点の曇りもない演技が、観る者すべての心を揺さぶる。

さらにラビング夫妻の当時の写真と、それを忠実に再現した場面写真が公開された。ソファや玄関先で仲良く寄り添う姿が映し出されており、国を動かした純粋なラブストーリーへの期待がさらに高まる。

なお本作は、12月12日(月)に発表された第74回ゴールデン・グローブ賞にて、主演男優賞、主演女優賞の2部門にてノミネート。また、第89回アカデミー賞では「主演女優賞(ルース・ネッガ)」にてノミネートされている。

■ストーリー
ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。
大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。2人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。2人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、選択を迫られる──。

【作品詳細】
映画『ラビング 愛という名前のふたり』
公開日:2017年3月3日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開
監督・脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:ジョエル・エドガートン、ルース・ネッガ
原題:LOVING
(C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved


[写真付きで読む]映画『ラビング 愛という名前のふたり』歴史を変えた愛を貫く夫婦、コリン・ファースが制作陣に参加

外部サイト

  • ハリウッド版実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』スカヨハが草薙素子、北野武が荒巻大輔に
  • 映画『フリー・ファイヤー』マーティン・スコセッシ総指揮、ひたすら撃まくる怒涛の90分間
  • 映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』怪盗グルーとその家族、ミニオンたちが史上最大のスケールで大暴れ