「SUPER NINTENDO WORLD」イメージビジュアル
 - (C) Nintendo

写真拡大

 任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにしたエリア「SUPER NINTENDO WORLD」が、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに2020年の東京オリンピック開催より前にオープン予定であることが明らかになった。任天堂のテーマエリアは、ほか米国のユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドという世界3か所に誕生するが、USJが世界で最初にオープンする。

 「SUPER NINTENDO WORLD」は、世界的な人気を誇る「スーパーマリオ」シリーズを中心とした任天堂の人気キャラクターやゲーム世界を来場者が実体験できるエリアになる見込み。マリオやその仲間たちと出会い、ハテナブロックやパワーアップアイテム、巨大なパックンフラワーなど、任天堂ゲームの世界を目の当たりにできる空間となる。

 具体的には最新鋭の技術を活用したライドアトラクションや、インタラクティブエリア、ショップ、レストランを有する二層構造の巨大な複合エリアとなり、プロジェクトに500億円超が投資される予定。現在のパーク敷地内の駐車場と将来の拡張用地の一部にパークエリアを拡張した上で建築される。企画・制作は進んでおり、2020年の東京オリンピック開催前のオープンを目指す。(編集部・小山美咲)