北朝鮮の金正恩党委員長は、江原道(カンウォンド)の元山(ウォンサン)軍民発電所を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が13日、報じた。

同通信によると、金正恩氏は発電所のダムに上がって「元山軍民発電所の完工によって江原道人民の生活向上のためにあれほど気遣った金正日総書記の念願を立派に実現することのできる確固たる展望が開かれた」と喜んだという。

また、「江原道に能力がとても大きい発電所をもう一つ建設した江原道の幹部と党員と人々は自強力第一主義の偉大な生命力を実践を通じて証明した不屈の闘士だ、彼らを江原道精神の創造者と呼びながら全国が見習うべきだ」と述べた。


元山軍民発電所を現地指導した金正恩氏(2016年12月13日付労働新聞より)


さらに、「第7回党大会の決定貫徹のための総進軍の道で金日成主席と金正日総書記の遺訓、党の政策を生命線にしてマンリマ(万里馬)速度創造へと党員と人民を力強く奮い立たせて社会主義強国建設の輝かしい勝利を早めなければならない」と強調した。

現地指導には、崔龍海(チェ・リョンヘ)、呉秀容(オ・スヨン)、金勇帥(キム・ヨンス)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。