2AM スロン、初の単独コンサートを盛況裏に終了…IU&2AMメンバーがゲスト出演

写真拡大

2AMのスロンは声1つでファンと1つになり、忘れられないコンサートを作った。

スロンは9日、現代カード・アンダーステージで開かれた「THE MOMENT OF SEULONG 1st Concert」を終えた。

デビュー後初の単独コンサートを開催し、最初から最後の曲まで丹精込めて舞台を飾ったスロンは、約3時間余り変わりなく甘い美声で公演を先導していった。

スロンは「Good Start」を歌いながら舞台の上に登場、公演の序盤、顔には緊張感が満ちていたが、デビュー8年目らしく慣れたコメントと歌の実力を見せつけながら、ファンの歓声を誘うと同時にファンと優しく交流しながら公演を続けた。

スロンはソロに転向し発表した「Melatonin」「Witcher」などの歌はもちろん「冷たい」「NEW YOU」「夏、夜」などゲストボーカルで手がけた曲や、普段は聴くことができない「To Love」「Always in my heart」など多くのアーティストと共にしたデュエット曲の他にもOSTなど、多様な選曲で聴く楽しみを与えた。

特に1部の最後と2部の序盤には、スロンの初単独コンサートを祝うためにIUや2AMのチョグォン、ジヌンがゲストで登場してファンを驚かせただけでなく、「小言」「この歌」「Never let you go(死んでも離さない)」などゲストと共に舞台を飾り、才気あふれるトークで舞台をさらに豊かにした。

ジャンルを行き交いながら多彩な音楽をファンにプレゼントしたスロンは、ドラマ「ミセス・コップ2」のOST「君が恋なら」で最後のステージを飾り、ハニーボイスという愛称のように甘い声で公演会場を訪れたファンの心をときめかせると同時に、聴く耳も暖かくした。

このように単独コンサートを盛況裏に終えたスロンは「初単独コンサートを無事に終えた。とても心配し緊張したが、最初の曲が始まる瞬間からワクワクして楽しかった。観客の雰囲気もとても良くてバンド、クロス、2AM、IU全員が僕を応援してくれて、一緒に舞台を飾りながら盛況裏に公演を終えることができた」と感謝の気持ちを述べた。

現在スロンはミュージシャンと俳優の領域を往来しながら活発な活動を広げている。