手つなぎデートをキャッチ! 写真:Startraks/アフロ

写真拡大

 ダコタ・ファニングが、米ニューヨークで高校時代の恋人ローガン・マークレイと手を繋いでデートする姿を目撃された。

 英デイリー・メール紙によれば、2人はロサンゼルスのキャンベルホール・エピスコパル高校に在学中に1年間交際していた。ファニングは2011年に高校を卒業し、ニューヨーク大学へ進学。13年から13歳年上のモデル、ジェイミー・ストラカンと約3年ほど交際していたが破局し、友人として交流を続けていたマークレイと最近になって復縁したようだ。ちなみに、マークレイは現在、ニューヨークにある大手企業、商業用不動産投資サービス会社のマーカス&ミリチャップに勤務し、不動産仲介業者として活躍しているという。

 ファニングは、スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の映画「オーシャンズ11」を、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイら豪華女性キャストでリブートする新作「オーシャンズ8(原題)」に出演。同作はほかに、ヘレナ・ボナム・カーター、サラ・ポールソン、ミンディ・カリング、リアーナ、アジア系のラッパーで女優のオークワフィナが共演し、撮影が進行中だ。