冬なのに夏に話題になった「アイスコールド コカ・コーラ」飲んでみた ぶるぶるぶる

写真拡大

 師走に突入し寒さに手がかじかむ厳しい季節が到来していますが、今年の5月・6月から四国や東北はじめ全国11県のセブンイレブンで販売されている「アイスコールド コカ・コーラ」。

 関東では神奈川県で一部取り扱いが行われていますが、それ以外の地域では目にすることはありません。それが今回所用で訪れた四国にて遭遇!わ、忘れてたよ夏前に君が話題になってたの……。というわけで、夏はとっくに過ぎ去って寒さ厳しい季節となっていますが「来年に向け参考になるかも?」しれないので一応試飲レポートお届けしますよ!

【関連:コカ・コーラのボトル型ケーキに挑戦!完成したときの達成感がすごかった】

アイスコールド コカ・コーラの専用販売機

■アイスコールド コカ・コーラとは?

 -4度に冷やされ液体が凍る直前のコカ・コーラです。コカ・コーラ社製品専用アイスコールドクーラーで販売されていて、カードを差し込み取り出すとキンキンに冷えたコカ・コーラが出てきます。

専用カード

 蓋を開けると容器内の内圧が解放されたことが刺激となり、一気にコカ・コーラの中にフローズンが発生します。これはアイスコールド現象と呼ばれているそうです。

フローズン
シャリシャリです

■炭酸が苦手な人に最適

 早速購入し開けてみると……シュワーっとフローズンが発生してびっくり。すごい! と感動しつつ飲んでみると、氷のせいで炭酸のシュワシュワが控えめに感じられました。

フローズンが発生してびっくり

 「炭酸好きだけど強すぎるのは苦手」という人からは、氷を入れる飲み方が広く知られていますが、一方氷が溶けると味が薄くなるのが難点。しかしこのアイスコールド コカ・コーラの場合にはあらかじめフローズンなので、その心配はないようです。コカ・コーラは好きだけれど強すぎる炭酸は苦手だという人には好まれる飲み物ではないでしょうか。フローズンは温かい車内で15分もしたらすっかり無くなってしまいました。

 晴れの日とは言え12度ほどの気温の中で飲んだため「夏に飲めばよかった」と思ったのは言うまでもありませんが、コカ・コーラの酔狂なファンなら一度は飲んでみて損はない美味しさですよ!

けっこうすぐ溶けた

(文:大路実歩子)