J・J・エイブラムス

写真拡大

『LOST』や『パーソン・オブ・インタレスト』、さらに今月4日(日)にシーズン1の放送が終了したばかりの米HBOのSFドラマ『ウエストワールド』など、数々の大ヒットドラマを手掛けているJ・J・エイブラムスが、同局で新たな宇宙ドラマを製作することが分かった。米Varietyなど複数のメディアが報じている。

新ドラマ『Glare(原題)』は、他の惑星への植民地化を描くSFドラマになるということで、詳しい詳細は明かされていない。製作総指揮は、エイブラムス、ベン・スティーヴンソン(『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』)、ハビエル・グヨン(『複製された男』脚本)。脚本はグヨンが執筆する。

ヒットメイカーのエイブラムスは、人気ドラマ『FRINGE/フリンジ』や今年の夏にスタートした『11/22/63』、1998年の名作映画『アルマゲドン』、昨年大ヒットした『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』など、SF作品に定評があり、2009年からは『スター・トレック』シリーズを手掛けていることでも知られる。

HBOは、世界中で大ヒットを飛ばしている『ゲーム・オブ・スローンズ』がシーズン8で終了することが決定しているため、その後継作品の製作を模索中。現在、『ウエストワールド』が最有力候補ともいわれているが、『Glare』のようなSFドラマもその座にふさわしいかもしれない。(海外ドラマNAVI)