写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セールスフォース・ドットコムと、カルチュア・コンビニエンス・クラブの子会社のCCC マーケティングは12月13日、One to One マーケティングを実現することを見据えた業務提携について合意したと発表した。

CCCマーケティングは、6,000万人超が利用し、157社56万店舗超とアライアンスパートナーを組む共通ポイントサービス「T ポイント」を核としたデータベース・マーケティングを行っているが、今後両社はセールスフォース・ドットコムのMarketing Cloud上で管理される企業データとCCCマーケティングの有するライフスタイル・データを連携した新たなマーケティングサービスを、来春の提供開始を目指して協議する。

両社は、新たなマーケティングサービスによって、企業のCRMの精度をさらに向上させ、企業マーケターが顧客の志向や消費傾向などを理解した上で、自社が提供するメールやアプリ、LINEなどのオウンドメディア、広告、CCC マーケティングのPOSクーポンやDM、メールといったメディアなど、多様なチャネルを活用して、最適なタイミングで、最適なコンテンツを提供するOne to One マーケティングの実現を支援することを目指すという。

(丸山篤)