12日、スイス・ヌーシャテルでブルカルテール外相と会談した中国の王毅外相は、会談後の会見で「一つの中国」に関するトランプ次期米大統領の発言に言及した。写真は台湾の独立運動。

写真拡大

2016年12月12日、スイス・ヌーシャテルでブルカルテール外相と会談した中国の王毅(ワン・イー)外相は、会談後の会見で「一つの中国」に関するトランプ次期米大統領の発言に言及した。中国外交部公式サイトが伝えた。

トランプ氏が台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統と電話会談したことに中国から批判の声が聞かれていたが、トランプ氏は今月11日FOXテレビの番組で、中国本土と台湾は不可分の領土だとする「一つの中国」原則について「私は完全に『一つの中国』を理解している。だが、中国と貿易関係などで合意が得られなければ、なぜ『一つの中国』に縛られないといけないのか分からない」と述べた。

トランプ氏のこうした発言に対し王毅外相は、「中国側は事態の発展に注視している。いかなる人物や勢力による『一つの中国』の原則の破壊は中国の核心的な利益を損なうことに繋がり、持ちあげた岩が自身の足に落下する結果しか生み出さない」と批判した。(翻訳・編集/内山)