写真提供:マイナビニュース

写真拡大

おやつカンパニーは12月13日、「ベビースターラーメン」のマスコットキャラクター「ベイちゃん」「ビーちゃん」の引退を発表した。活動期間は12月31日まで。

「ベビースターラーメン」はインスタントラーメンの麺を砕いたような駄菓子で、1959年から販売されているロングセラー商品。そのマスコットキャラクターである「ベイちゃん」は1988年にパッケージに初登場し、今日まで約30年間マスコットキャラクターとして活動を続けてきた。そんな「ベイちゃん」から、引退コメントが届いている。

ベイちゃん引退コメント

僕たち、ベイちゃんとビーちゃんは、

2016年をもってベビースターのキャラクターを引退します。

僕たちがはじめてパッケージに登場したのは、1988年。

初代キャラクターが約30年守ってきた

ベビースターの歴史や意志を受け継ぎながら、

オレンジ色から白色のパッケージに大胆にリニューアルして

華々しくデビューした時のことは今でも忘れられません。

時代を超えて。季節を超えて。国境を超えて。

いろんな衣装に着替えながら、たくさんのパッケージに登場してきました。

僕たちと出会ってくれた皆さんに、

すこしでも楽しい思い出を残すことができていたら、うれしいです。

初代キャラクターからベビースターを受け継いで、約30年。

僕たちも、新しい時代へとバトンタッチしていくことに決めました。

これから生まれ来る多くの子どもたちに、

新しいベビースターを知ってもらえるように。

ベビースターがこの先の未来まで、もっともっと愛してもらえるように。

ベビースターのことを僕たちはこれからも応援しています。

あっという間の約30年。本当に、ありがとうございました。

突然の引退に衝撃を受ける筆者。思わずおやつカンパニーの広報部に問い合わせてみたところ、「詳しいことはまだお話しすることができません。今後の情報に関しましては、随時公式サイトにて更新いたしますので、そちらをご確認ください」と話していた。

2017年以降には、もう彼らがいる「ベビースターラーメン」に会うことはできない。ショックだが、広報担当が"まだ今は話せない"と言っていたということは、まだまだ隠されている情報があるということだ。「ベイちゃん」「ビーちゃん」の今後の動向に注目したい。

(福田啄也)