12日、中国外交部の耿爽報道官は、日本が沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過した中国軍機への妨害を否定したことについて、日本に対し、安全に関わる問題の発生を防止するよう促した。

写真拡大

2016年12月12日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は定例記者会見で、日本が沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過した中国軍機への妨害を否定したことについて、日本に対し、安全に関わる問題の発生を防止するよう促した。中国網が伝えた。

耿報道官は「日本側が地域の安定と中日関係の大局を維持することから出発し、有効な措置を適切に取り、海空の安全問題の発生を防止するよう促す」と述べた。(翻訳・編集/柳川)