リンクアンドモチベーション執行役員 麻野耕司氏●中小ベンチャー企業向けコンサルティング事業の責任者に当時史上最年少で就任。気鋭の組織変革コンサルタントとして注目を集める。現在、複数の企業の社外取締役、アドバイザーを務めている。

写真拡大

私はこれまで、100社以上の経営幹部育成に携わってきた。リーダーの役割は、「決断すること」だ。環境変化が目まぐるしく、ビジネススピードも速い現代では、成果を出すために「速い決断」が重要だとされている。また、私の肌感覚ではあるが、即決できない人はその他のマネジメント能力も劣っていることが多い。幹部育成の際には、職場の上司や部下から本人の「マネジメント能力」を評価してもらうのだが、「即時の意思決定と率先行動」のスコアが低い場合、往々にしてその他のスコアも低いのだ。

しかし、決められないリーダーは多い。それには大きく2つの理由がある。1つめは、心理学的に言えば「現状維持バイアス」というものだ。たとえば、A、B、Cの選択肢からAを選ぶ場合、それはB、Cという選択肢を「捨てる」ことになる。しかし、人間には「現状維持」を望む特性がある。そのため、決断に対して抵抗感を抱くのだ。

もう1つは、「正しい決断」をしようとすることだ。もちろん、間違った決断で部下を振り回すわけにはいかないが、「この情報を収集すれば精度が上がる」という確証がなければ、闇雲に決断を先延ばしするべきではない。ミーティング中に部下から「もう少し考えて決めます」と言われたら、私はすぐに「違うぞ。すぐ決めよう」と止めるだろう。

■迷ってはいけない!孫正義も支持するファーストチェス理論

私がここまで「即決」をすすめるのは、そのメリットを知っているからだ。1つめは「ファーストチェス理論」だ。これは、5秒で考えた手と、30分かけて考えた手は、86%が同じだというもの。つまり、長い時間かけて考えて出した結論は、直感とほとんど同じなのだ。孫正義氏もこの理論を支持し、企画を採用するときも不要な長考はしないという。

2つめは、リクルートでよく言われる「三角形の二辺の和は底辺より短い」という理論だ。これは「ゴールまでを最短距離で進むためにスタート地点で立ち止まるより、(ゴールらしき方向に向かって)走り出してから軌道修正したほうがゴールにたどり着くのは速い」という意味。「正しい決断」に囚われると、結果的に後れを取ることになる。

3つめは、「決断には、51%のメリットと49%のデメリットがある」という、私が所属するリンクアンドモチベーションでよく言われる言葉だ。たとえば、メリット80%とデメリット20%の選択なら、誰も迷いはしない。70%と30%でも同じだろう。悩むということは、微差しかなく、どちらか決めかねる状態だという証拠だ。そこで、即決が難しければ「どちらを選んでもあまり変わらない」と判断すること。そのうえで、自分の直感を信じて決断し、51%のメリットを60%、70%に増やすためにできるだけ速く動き出すべきだ。この覚悟をともなった決断を、私は「強い決断」と呼んでいる。

とはいえ、実は私もプライベートでは優柔不断なタイプである。レストランではギリギリまでメニューを眺め、「もっといいものが見つかるかも」と新しい服も買えない。実際、若い頃は仕事でも決断を避ける傾向があった。そんな私を変えたのは、人事など仕事での決断経験の積み重ねである。決断とその結果を経験していくなかで、「この決断は間違っても影響力は小さい(だからさっさと決めてしまおう)」「これは影響力が大きいから、もう少し情報収集しよう」といった肌感覚は研ぎ澄まされ、スピードもアップした。

こう言っては何だが、たかが仕事だ。命まで取られることはないと腹をくくれば、どんな決断も「速く」「強く」下せるのではないだろうか。

(リンクアンドモチベーション執行役員 麻野耕司 構成=大高志帆 撮影=加藤ゆき)