「Cool!」と言われる車いすを作る、元日産エンジニア

写真拡大

誰もが乗りたくなる、カッコイイ電動車いすをつくる――シリコンバレーに本社を置くベンチャー・WHILLが目指す未来とは?

シリコンバレーに本社を置き、電動車いすを作るベンチャー企業「WHILL」。WHILLがつくる車いすは、むしろ1人用のクルマ「パーソナルモビリティ」と呼んだほうがふさわしい乗り物だ。社長は元日産自動車のデザイナー。社員はソニー、オリンパスなどから転職してくるという。

CEOの杉江理氏は、立命館大学卒業。大学時代はボクシングに打ち込んでいたが、卒業後に日産自動車に入社、外装デザインを担当するようになる。退職後に中国へ渡り、世界を放浪したあとに始めたのが電動車いす作りだったという。杉江理氏と田原総一朗氏の対談、完全版を掲載します。

■誰もが乗りたくなる車いす

【田原】杉江さんは話題の車いすをつくったそうですね。従来の車いすとどう違うのですか。

【杉江】まず見た目が違います。今までのものはパイプでつくられていて、必要最低限の機能がついた、いかにも車いすという乗り物でした。それに対して、僕らは車いすという概念を超えたスタイリッシュなものをつくりたかった。それがパーソナルモビリティの「WHILL」です。

【田原】見た目は大事ですか。

【杉江】もちろんです。ある車いすユーザーの方から、100m先のコンビニに行くこともあきらめるという話を聞きました。だったら、誰でも乗りたくなるデザインにすればいい。

【田原】違うのは、デザインだけ?

【杉江】新しいテクノロジーを使っています。WHILLの前輪は、24個の小さなタイヤから成り立っています。この構造だと小さな回転半径が実現できて、その場で回ることもできます。かつ4WDになっているので、走破性があります。7cm程度の段差なら軽く乗り越えられるくらいパワフルで、雪道や砂利道も進めます。

【田原】これは電動ですね。普通の車いすだと100m先も行けないという話だけど、この車いすならどこまで行けますか。

【杉江】乗る人の使い方によって異なりますが、20〜25kmは。

【田原】スピードは?

【杉江】法律で決まっているので、日本では6km/h。アメリカでは約9km/h出ます。

【田原】アメリカで販売しているんですか。売れ行きはどうですか。

【杉江】アメリカは今年2月末にようやくFDA(食品医薬品局)の認可が下りたところで、これから本腰を入れていきます。日本で電動車いすは福祉機器なのですが、アメリカでは医療機器のカテゴリーに分類されます。医療機器はFDAの認可がないと販売できないので。

【田原】FDAの認可を取るのは難しいのですか。

【杉江】坂道できちんと止まれるとか、転ばないとか、耐久性能があるなど、規格内に収めるための試験がいくつもあります。あとはドキュメンテーション。安全基準を満たしていることを資料でも1つずつクリアにしなければいけません。それはいいのですが、FDAは政府系の機関なので、提出した後もなにかと時間がかかります。認可が下りるまで、なんだかんだで1年半くらいかかりました。

■“Cool!”と話しかけられる車いす

【田原】認可が下りたから、もう堂々と売れる?

【杉江】はい。実際にお届けできるのは今年の末からです。

【田原】じゃ、これから注文がばんばん来ますね。

【杉江】これまで日米合わせて約800台販売しましたが、アメリカの市場は競合が多く、楽観視していません。僕らはまだ小さな会社。これからだと思っています。

【田原】試験販売で買った人の反応はどうでしたか。

【杉江】堂々と外に出ていけるようになったという声が多いですね。アメリカで車いすに乗っていると、「May I Help you?」とよく声をかけられるそうです。しかし、WHILLに乗っていると、まず「What is this? It’s so cool!!」と話しかけられ、そこから会話が広がるのだとか。WHILLがコミュニケーションツールの一種になっているようです。他にも、犬の散歩に行けてうれしいという方もいました。犬は舗装されていない砂利道やあぜ道を歩きたがりますが、これで一緒につきあえるようになったそうです。

【田原】そうですか。出かけるのが楽しくなりそうですね。

■「副業禁止」に引っかかり、日産を退社

【田原】WHILLができるまでの流れもおうかがいします。杉江さんは大学を卒業して、まず日産自動車にお勤めになった。なぜ日産だったのですか。

【杉江】当時はカルロス・ゴーンがやってきたばかりで、勢いがありました。ここしかないと思って、就活では日産しか受けませんでした。

【田原】それなのに2年で辞めてしまいますね。どうして?

【杉江】もともとものをつくることが好きで、友人たちといろんなものをつくっていました。たとえば開けやすいペットボトルだとか、風を可視化するアートだとか。ところがそれが会社にバレて、人事から呼び出しがかかりました。会社は、副業禁止規程に引っかかるからダメだと言う。でも、社外の活動をする社員がいてこそ会社は活性化するはず。そう弁明すると、余計に危険人物扱いされました。それならもういいや、辞めてやろうと。

【田原】サラリーマンを続けながらでは無理だった?

【杉江】そうですね。本当は両方続けたかったのですが、ほかの活動をやめて日産に残るか、日産を出てほかのものをつくるのかという2つの選択肢しかない状況になったので。誤解のないように言うと、日産で働くこと自体は楽しかったです。ただ、長い人生、どちらのほうが謳歌できるのかと考えたとき、外に出たほうがいいと思ったということです。

■日産を退職、中国へ

【田原】日産を辞めて中国へ行ったそうですね。なぜ中国だったのですか。

【杉江】中国語を話せるようになりたかったんです。英語はマストで、人生の中で話さざるを得ないときがいつか必ずやってきます。ならば、若いときに英語と別にもう1つ強いものをつくっておいたほうがいい。そう考えて注目したのが、世界でもっともネーティブスピーカーが多い言語である中国語でした。中国人のパワーを自分の味方にできたら、将来、きっと役に立つかなと。

【田原】いま販売しているのは日本とアメリカでしょう。中国語、役に立ってますか。

【杉江】はい。いまWHILLを量産しているのは台湾ですから。工場の人と中国語で会話すると、すぐ仲良くなれるし、裏でコソコソ話してもバレるぞというカマシにもなります(笑)。

【田原】中国のどこに行ったのですか。

【杉江】日本人が誰もいないところがいいと思って南京に行きました。南京は上海から新幹線で2時間程度ですが、上海に日本人は10万〜20万人いるのに、南京は300人しかいません。向こうでは、南京人と友達になってアパートを借りていました。彼らと遊んでいるうちに中国語も覚えました。結局、1年半くらい暮らしました。

【田原】南京というと、南京大虐殺が思い浮かびます。日本人だから暮らしにくいということはありましたか。

【杉江】僕が中国語で苦労しなくなってから、歴史の話題になったことはあります。日本の教科書にはそもそも載っているのかとか、日本人はどう思っているのかとか。そのときは、ちゃんと日本の教科書にも書いてあるし、僕らはしっかり認識している。と事実ベースで答えていました。ときどきそうした話になるけれど、日本人だからといって嫌な目に遭ったことはありません。むしろみんな良くしてくれて、僕が中国から旅立つときに「また戻ってこい」と言ってくれました。

【田原】向こうで仕事はしていたの?

【杉江】日本語の先生をしていました。とりあえず南京に来たものの、ビザもツテもない。どうやって暮らしていこうかと悩んでいろんな人に声をかけていたら、たまたまカフェで語学学校をやってる人に出会って、雇ってもらいました。そのころはまだ中国語ができなかったのですが、なんとかなっちゃいましたね(笑)。

【田原】月給はいくらくらいでした?

【杉江】5万〜6万円です。南京では大学卒の初任給が2万円くらいでしたから、南京で生活する分には生活には困りませんでした。

■自分の目で見ないと真実はわからない

【田原】中国の後はどこに?

【杉江】ラオスとパプアニューギニアとウズベキスタンとボリビアです。まだ日本に帰るつもりはなくて、どうせ世界を見るなら圧倒的に違う価値観のところにに行きたいなと。たとえばパプアニューギニアは、いまだに見つかっていない部族がいるほどで、原始的な生活をしている人々が大勢暮らしています。全裸で生きている人たちと一緒に暮らしたら、おもしろそうじゃないですか。そういう体験をしたくして、約半年生活しました。ワニ釣ったりして、楽しかったですよ。

【田原】パプアニューギニアで言葉はどうしたんですか。

【杉江】通じません(笑)。ただ、彼らは原始的なので語数が圧倒的に少ないんです。たとえば水に関する言葉は、ぜんぶ「ワスワス」です。体を洗うのも泳ぐのも「ワスワス」で済むから、細かいことがわからなくても、なんとなく伝わって生きていけました。

【田原】刺激的な生活ですね。ところで、もともとものづくりがしたかったわけでしょう。どうしてものをつくらないで世界を放浪していたのですか。

【杉江】ものをつくりたいという気持ちはありました。ただ、それ以上に、この世界はどうなっているのかなという思いが強かった。

【田原】どういうことですか。

【杉江】僕の学生時代に、小泉さんが靖国神社に参拝して北京が大暴動になったという報道がありました。そのときふと暴動って本当かなと疑問を抱いたんです。確かめるために自分の目で見ようと思って北京に行ってみたのですが、何も起きてない。何もなかったわけではないのかもしれませんが、街の人に聞いても、ほとんどの人は「何それ」という反応でした。このとき、世界には自分で足を運んで見てみないとわからないことがたくさんあると悟りました。会社を辞めてからの3年間は、それを確かめるための旅だったと思います。

■福祉機器展ではなくモーターショーに出展

【田原】世界放浪の旅から、どのような経緯でと車いすをつくることになるのですか。

【杉江】ラオスに滞在中、ものづくりの仲間であり、のちにWHILLのメンバーになる内藤淳平や榊原直人から、「途上国向けの車いすをつくるプロジェクトをやる」という連絡をもらいました。ラオスでいろいろ調査してみると、そもそもビジネスになる規模でもないし、そしていきなり途上国でやるのは難しいということがわかってきた。いまいる住んでいる国でやればいいんじゃないかと話しました。

【田原】内藤さんや榊原さんは、なぜ車いすをやろうと思ったんですか。

【杉江】内藤や、同じく創業メンバーの福岡宗明は福祉工学科にいて、昔からこういう分野に興味があったのだそうです。そこに僕が乗った形です。

【田原】最初は途上国向けの車いすで起業したんですか?

【杉江】途上国向けは話だけで終わって、 最初の1台は、手動の車いすにはめて電動化するタイプ。みんなで500万円出し合って、2011年の東京モーターショーに出展しました。

【田原】モーターショー? 福祉機器展とか、医療機器展じゃなくて?

【杉江】僕たちは電動車いすというより、新しい1人乗りの乗りものを提案したいと考えています。それを世に問うなら、福祉機器の展示会より、最先端の移動体が集まるモーターショーのほうがいい。

【田原】なるほど。だからWHILLはパーソナルモビリティという言い方なんですね。じゃターゲットは車いすユーザーだけじゃない?

【杉江】はい。立って歩いている方でお買い上げになるお客様もいます。歩けるけど杖が必要だとか、50m以上はキツいとか。

【田原】足が不自由なだけ人だけじゃなく、高齢者も便利ですね。そのうち僕もお世話になるかもしれない(笑)。話を戻すと、モーターショーでの反応はどうでしたか。

【杉江】ありがたいことに話題になって、あちこちから声をかけていただきました。ただ、このとき1人だけ、「こんなもの、もうやめてしまえ」と言ってくる方がいました。よく話を聞いてみると、「みんな夢のような試作品を作るけれど、結局、量産化しないで終わってしまう。どうせキミたちもそうだろう。夢だけ見せるなら、最初からやらないでくれ」と言う。じつはこの言葉に思い当るフシがありました。僕は日産、内藤はソニー、福岡はオリンパスとういうようにみんなメーカーに勤めていたのですが、どこの会社にも試作だけして世に問わないプロダクトがたしかにあった。WHILLは、そういうプロダクトにしてはいけない。やるなら絶対に量産化しようと思って、会社組織にしました。

【田原】モーターショーに出したときはまだ会社じゃなかったんですね。ところで、会社名にもなっているWHILLはどういう意味ですか。

【杉江】2つの意味があります。1つは英語でWILL。未来とか意志という意味です。もう1つはWHEEL、車輪です。つまり未来の車輪、意志のある車輪ということです。

■なぜ若手エンジニアが、大手メーカーからベンチャーへ転職するのか

【田原】会社をつくったのは日本? アメリカ?

【杉江】最初は日本です。2012年の5月でした。創業メンバーは僕と内藤、福岡の3人でした。

【田原】量産するなら、ヒト、モノ、カネが必要です。まずはカネから聞きましょうか。資金調達はどうしました?

【杉江】お金は相当に苦労しました。いろんなベンチャーキャピタルを回りましたが、当時はまったく相手にされず、1年半くらい資金調達できませんでした。じつは僕らがアメリカに本社をつくったのは、日本で資金調達できなかったから。最終手段としてアメリカに行ったところ、1億8000万円集めることができました。その後、日本でもようやく集められるようになりました。

【田原】次はモノですね。さっき工場は台湾だとおっしゃってましたが、どうして台湾でつくるの?

【杉江】台湾はモビリティをつくるメッカで、経験豊富な工場が多く、知見を持っている人も大勢います。しかも親日家が多くて、真面目です。

【田原】最初から台湾だったの?

【杉江】最初の50台は日本でした。大量生産はコストも大事ですから、台湾です。台湾だと、コストがおよそ半分になります。

【田原】あとはヒトですね。いま従業員は何人くらいですか。

【杉江】アメリカと日本の拠点を合わせて約50人です。製造は台湾のパートナーにお願いしているので、自社で人は抱えていません。

【田原】開発エンジニアは日本人が多いのですか?

【杉江】そうですね。僕らが会社を立ち上げた2012〜13年は日本メーカーの調子がよくなくて、若手のエンジニアがけっこう辞めているんです。それは逆に僕らにとって大きなチャンス。新しいことをやりたいというエンジニアに声をかけて、仲間になってもらいました。いまいるエンジニアの経歴を見ると、トヨタ、ホンダ、ソニー、パナソニック、オリンパスなど、大企業出身の人がけっこういます。

【田原】杉江さんの会社はベンチャーで、まだ不安定でしょう。若い人が安定を捨ててベンチャーに転職する理由は何だろう。

【杉江】大企業の中にいると自分が歯車の1つであることを意識せざるをえませんが、ベンチャーは1人のミスで会社が傾くことがあるほど責任が大きい。あと、ユーザーとの距離が近くてダイナミック。ユーザーのリアクションがダイレクトにわかるので、エンジニアにとってはつくりがいがあるんだと思います。

■将来、都市ではクルマが不要になる

【田原】ヒト、モノ、カネが揃って、いまから量産化するわけですが、これからの展望を教えてもらえますか。

【杉江】短期的には、市場を拡大していくことを考えています。具体的にはヨーロッパ。イギリスから始めようと模索中で、すでにパートナーが決まっています。

【田原】機能面はどうですか。WHILLはさらに進化するんですか。

【杉江】自動運転や自動停止は進めています。自動運転できれば、たとえば空港で飛行機から降りた人をタクシー乗り場まで運んで、自分で元の位置まで勝手に戻ってくることもできる。人が車いすを押せばオペレーションコストがかかりますが、自動運転ならそれもかかりません。実際、いま羽田空港と一緒に実験をしています。将来は、WHILLが勝手に寄ってきて、「May I Help you?」と話しかけて連れて行ってくれるようになるでしょう。

【田原】おもしろい。そこまでいくと、もう車いすの概念を超えてるね。

【杉江】さらに未来の話をすると、都市においては、いずれクルマがいらなくなると思います。いまの都市のインフラは、クルマのためにつくられています。でも自動運転技術でクルマが公共的なものになれば私物としてのクルマは不要になり、おそらく都市のインフラも変わっていくでしょう。具体的には車道より歩道中心のまちづくりになる。そのとき求められるのは、歩道の移動体。そういう時代が来たときに、WHILLがリーダーになれればいいなと。

【田原】将来のライバルは他の車いすメーカーじゃなく自動車会社だ。杉江さんを手放した日産は、後悔しているんじゃないですか(笑)。

【杉江】僕が日産にいたときのCOOが志賀俊之さんで、志賀さんはいま産業革新機構の会長を務めておられます。産業革新機構はいま僕らに投資をしてくれていて、志賀さんともお話しする機会がありました。日産時代は雲の上だった方からいま投資を受けているのは不思議な感じがしますね。個人的な話はさておき、車道から歩道へといった時代の流れを考えると、いずれ自動車メーカーが一人乗り移動体のカテゴリーに参入してくると思います。また量産能力を考えると中国や台湾企業が今後の競合になると考えていますので、常に彼らの上を行くように備えて、会社を成長させたいですね。

■杉江さんから田原さんへの質問

Q.マスコミが信用できません。どうすれば真実がわかりますか?

【田原】僕は、朝日、毎日、読売、日経、産経、東京と、新聞を6紙取っています。こんなに新聞を取っているのは、情報を得るためではありません。むしろ逆で、疑問を持つために新聞を読んでいるのです。

6紙に目を通すと、同じニュースでも書いてあることが違います。さらにネットも加えると、みんなばらばらです。ということは、どこかが間違えていたりウソをついていることになる。そうやって疑問を持つことが、真実に近づく第一歩になります。

疑問を持ったら、自分で調べればいい。僕は新聞記事がおかしいなと思ったら、書かれた政治家やコメントした学者本人、あるいは近い人に電話をして話を聞きます。メディアは、自分に着眼点を与えてくれるツールだと思って利用すればいいのです。

田原総一朗の遺言:自分で直接会いに行け!

----------

編集部より:
次回「田原総一朗・次代への遺言」は、ヘリオス社長・鍵本忠尚氏のインタビューを掲載します。一足先に読みたい方は、12月12日発売の『PRESIDENT1.2号』をごらんください。PRESIDENTは全国の書店、コンビニなどで購入できます。
 

----------

(村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影)