12日、韓国の国政介入事件の聴聞会に証人として呼ばれながら出席せず、家族と共に姿をくらましている禹柄宇大統領府前民政首席秘書官に総額1100万ウォン(約110万円)の懸賞金が懸けられた。写真は韓国大統領府。

写真拡大

2016年12月12日、韓国の国政介入事件の聴聞会に証人として呼ばれながら出席せず、家族と共に姿をくらましている禹柄宇(ウ・ビョンウ)大統領府前民政首席秘書官に総額1100万ウォン(約110万円)の懸賞金が懸けられた。韓国・テレビ朝鮮などが伝えた。

朴槿恵(パク・クネ)大統領の最側近の一人であった禹氏は、資金流用疑惑などが浮上し首席秘書官を更迭、崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件が明るみに出た11月6日には、検察に出頭し事情聴取を受けていた。しかし今月7日、事件の真相解明のため開かれた国会での聴聞会には核心人物である崔被告と同様に欠席、議員らからは聴聞会の実効性を疑問視する声が上がっていた。

こうした事態を受け7日、元統合民主党の議員・鄭鳳柱(チョン・ボンジュ)氏は自身のSNSに「大韓民国を切断し国会を軽んじた禹柄宇一団を公開懸賞手配する」と掲載、200万ウォン(約20万円)の懸賞金を出すと明らかにした。これに野党議員らが賛同、彼らがポケットマネーから出すと提示した懸賞金は合計で1100万ウォンに膨らんでいる。

その後「禹柄宇氏公開手配」の動きはネットなどで広まり、ネット掲示板には指名手配書のようなポスターも登場した。

この報道も韓国のネットユーザーの関心を集め、記事には次のようなコメントが寄せられている。

「いい気味」
「さすがに5000万ウォン(約500万円)くらいに上がらないと捜す人もいないのでは?今の値段でも宝くじよりは良さそうだけどね」
「青瓦台(韓国大統領府)のどこかに閉じ込められてるのかも」

「検察に出頭した時に逮捕すべきだったのに」
「『禹柄宇さんですか?』と聞いてみてにらんできたら、それが禹柄宇だ」
「たった1100万ウォンとは笑える」
「朴槿恵が隠れるように言ったんだろう。禹柄宇は多くを知っているはずだから」

「家族全員が隠れてるなら、親戚がかくまってるに違いない」
「見つからないところをみると、(旅客船セウォル号保有会社の実質的オーナーで14年に遺体で見つかったとされている)兪炳彦(ユ・ビョンオン)と一緒に隠れてるんだろう」
「ネットユーザー捜査隊が動き出したら、捕まるのも時間の問題だ」(翻訳・編集/吉金)