「孤独のグルメ」のスタッフが集結

写真拡大

 久住昌之氏(原作)と、土山しげる氏(作画)による「漫画版 野武士のグルメ」が、来年3月にNetflixオリジナルドラマとして実写化され、190の国と地域に同時配信されることが分かった。主人公の定年を迎えたサラリーマン・香住武役を竹中直人、香住の理想の分身である野武士役を玉山鉄二、香住を見守る妻・静子役を鈴木保奈美が演じる。

 WEBマガジン「幻冬舎plus」で連載されている原作は、定年退職した香住が、素朴で粗野な野武士のように、好きなものを、好きな時に、好きなように食すことを決意し、様々な店で食を追求する人気グルメ漫画。ドラマ版は、テレビ東京のドラマ「孤独のグルメ」のスタッフが集結して制作された。

 久住氏の大ファンだという竹中は、「何もすることがないおじさんの役って、初めてじゃないかな。その分身として、現代に野武士が現れるってだけで、もう笑っちゃいますよ」と自身の役どころに大満足の様子。一方、香住の心のなかの荒々しい野武士に扮した玉山は、「野武士が、現代の環境のなかにいきなり現れる奇妙なシュールさがある。それが世界の人にはどう見えるのか、すごく冒険的だし、どういう結果が出るのか楽しみです」と海外からの反応に期待を寄せている。

 また、久住氏は「B級とかグルメとか関係なく、食べることの滑稽さみたいな、ほっとすること、がっかりしたり怒ったりすることを書いているつもりです」とコメントを寄せており、自身は食べるシーンがないという鈴木は「お腹が空くドラマだと思います。胃腸を元気にして楽しんでください」とメッセージを送っている。

 「野武士のグルメ」(全12話)は、2017年3月17日からNetflixで配信開始。