反日感情を持つ中国人の言動ばかりが注目されがちだが、実は中国には日本の文化が好きだという若者たちも数多く存在する。中国メディアの一点資訊はこのほど、ある中国人の手記として「私が日本に旅行に行きたいと思う理由」と題する記事を掲載、中国人から見た日本の魅力を紹介すると同時に、同中国人が「自分には歴史問題に基づく日本への先入観はない」と説明していることを伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 反日感情を持つ中国人の言動ばかりが注目されがちだが、実は中国には日本の文化が好きだという若者たちも数多く存在する。中国メディアの一点資訊はこのほど、ある中国人の手記として「私が日本に旅行に行きたいと思う理由」と題する記事を掲載、中国人から見た日本の魅力を紹介すると同時に、同中国人が「自分には歴史問題に基づく日本への先入観はない」と説明していることを伝えた。

 記事は、日本旅行を体験した中国人旅行客の手記として、「中国人にとって日本旅行で最も印象に残るのは、美しい風景や買い物ではなく、日本の文化やサービスの細やかさ」であると説明した。

 続けて、同中国人が日本に魅力を感じた点としてまず、「列に並ぶ」という日本人の習慣を挙げ、「口にするだけなら非常に簡単なことだが、中国人が中国国内では行うには相当難しいこと」と説明。しかし、日本ではスーパー、デパート、公共バス、地下鉄、支払いなど「日本人はどこでも非常に秩序正しく列に並ぶ」と絶賛した。

 また記事は、同中国人が日本の交通マナーに感動を覚えた点についても紹介。中国国内では歩行者が横断歩道を渡っていても自動車は「絶対に止まらない」が、日本では「ただ一歩、人が横断歩道に足を踏み入れるだけで、自動車は絶対に停車する」と指摘。歩行者に対するドライバーのマナーに圧倒的な違いがあるという見方を示した。

 さらに、この中国人旅行客が日本の清潔さが「信じられないレベル」であると感じたこと、日本人の礼儀正しさは「日常生活に根付いた習慣」となっていると評価したこと、公衆トイレの設計に見られる「非常に細やかな配慮」に感動したことなどを紹介。また、寿司やラーメン、すき焼きやたこ焼きなどの日本料理を味わうことは「大きな楽しみ」であると説明し、「日本は間違いなく心から楽しむことのできる旅行先である」と絶賛した。

 日本が好きになり、実際に日本旅行を楽しむようになった中国の若者たちのなかには、「第一視覚 東京生活記録」という一種のドキュメンタリーフィルムを見て日本に魅力を感じるようになった人もいる。これは日本で生活しているある中国人の若者が撮影した作品だが、とてもみずみずしい感性で日本での日常生活を切り取った作品だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)