ユニー・ファミリーマートホールディングスの上田準二社長

写真拡大 (全3枚)

 今年もっとも活躍した社長は誰か──。産業能率大学が実施している年末恒例の調査「社長が選ぶ今年の社長2016」が、12月6日に発表された。

 上位の顔ぶれを見ると、1位/孫正義氏(ソフトバンクグループ社長)、2位/豊田章男氏(トヨタ自動車社長)、3位/カルロス・ゴーン氏(日産自動車会長兼社長)。トップ3以下では、6位に永守重信氏(日本電産社長)、8位に柳井正氏(ファーストリテイリング会長兼社長)など、“常連組”の著名経営者がランクインした。

 いずれも強力なリーダーシップとカリスマ性を持ち、業績の浮き沈みに関係なく日本企業を代表する社長たちというイメージがあるが、今年は特に彼らの大胆な“行動力”が際立った1年だった。

「孫氏は9月に約3兆円を投じて英国の半導体メーカーを買収したのを皮切りに、10月には10兆円の出資ファンドを設立、12月に入ると米国次期大統領のトランプ氏と会談し、米の新興企業などに約5兆7000億円を投資する約束をした。

 豊田章男氏率いるトヨタは、次世代のエコカーである燃料電池車に続き電気自動車(EV)への本格参入も表明。また、子会社のダイハツ工業と長らく軽自動車のシェア争いを続けてきたライバル、スズキとの提携協議を進めるなど着々とグループ拡大を図っている。

 また、日産のゴーン氏は度重なる燃費不正問題で窮地に陥った三菱自動車を素早く傘下に収めるなど、思い切った行動力が注目を集めた」(全国紙記者)

 産能大の調査で選ばれたトップ10以外でも、業界の勢力地図を一変させるほどの大型事業をまとめ、名を上げた経営者もいる。

 経済誌『月刊BOSS』編集委員の河野圭祐氏が指摘する。

「今年9月に長らく悲願だったユニーグループとの統合を実現させたファミリーマート元会長(現ユニー・ファミリーマートホールディングス社長)の上田準二氏の経営手腕は光りました。ファミマとユニー傘下のサークルKサンクスのコンビニ合併により、トップのセブンイレブンに匹敵する規模に押し上げましたからね。

 そもそも上田氏はファミマの筆頭株主である伊藤忠商事出身でありながら、商社マンとは思えぬほどドブ板営業に奔走したり、地方のフランチャイズオーナーと膝詰め談判をしたりして人望の厚い経営者。

 かつて、自らプロデュースして販売した弁当『社長のごはん』『会長のごはん』の復活を望む声が今もなくならないのは、上田氏の人柄によるところが大きいでしょう」

 伊藤忠といえば、本体の躍進ぶりも目覚ましい。2016年3月期に財閥系の名だたる大手商社を差し置いて純利益でトップに躍り出たのは、岡藤正広社長の思い切った改革が奏功した証だ。

「岡藤氏は商社の中枢ともいえる資源分野に頼らず、生活消費関連分野を深堀りして業績アップに結び付けました。高級ブランド『アルマーニ』や『セリーヌ』の販売権を獲得したり、米青果物大手のドールを買収したりと、腹の座った経営スタイルが他の商社トップよりも抜きに出ています。

 しかし、やみくもに事業の幅を広げているわけではありません。豪放磊落でありながらも緻密な計算のできる経営者という印象を受けます」(前出・河野氏)

 こうしてみると、キラリと光る名経営者の条件は、先見の明をもちながら、いかに人並み外れた行動力に移せるか──にあるようだ。河野氏もいう。

「近年は鳴り物入りでトップに請われ、大きなアドバルーンを打ち上げる“プロ経営者”が持て囃されてきましたが、いくら華やかでカリスマ性があっても口先ばかりで実行力が伴わなければ名経営者とはいえません」

 さて、今年の社長に選ばれたトップたちは、言行一致の経営スタイルをどこまで貫くことができるか。

●写真提供/月刊BOSS