だらしねぇなっ! 「部屋が汚そうな女性」の特徴・6つ

写真拡大

断捨離や片づけが得意な人がいる一方で、どうしても片づけが苦手で身の回りが散らかり放題という女性も。片づけられない女性には、それなりに理由があるのでしょうが周囲からはあまりいい印象を持ってもらえなさそう。そこで今回は、部屋が汚そうなイメージのあるのはどんな女性なのかについて、働く女性の意見を聞いてみましょう。

■カバンの中の整理ができていない

・「カバンの中がいつもぐちゃぐちゃで汚い人。片づけられなさそうだから」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「カバンの中がぐちゃぐちゃ。カバンが整理できない人が、部屋を整理できるはずがない」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

いつも持ち歩いているカバンがぐちゃぐちゃでも平気でいられる人が、部屋を片づけられるはずがないと言い切る女性も。確かには、小さなカバンすら整理整頓できないのに部屋全体を片づけるのは無理そうですね。

■デスクが汚い

・「自分のデスクまわりを片づけられない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「仕事のデスク上が汚い。部屋も同じ感じで汚していそうだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

デスクの上には書類が山積み、必要なものもすぐに取り出せない。こういうデスクを見ていると部屋も汚そう。でも、一緒に働く身としては、部屋はともかくデスクくらいは整理整頓してほしいですね。

■物が多い

・「ファッションが好きで、シーズンごとに服をじゃんじゃん買っちゃう子。服の収納に困って汚そう」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「必要ないものでも、ほしくなると買ってしまう物の多い女性」(34歳/金融・証券/英ふょう職)

部屋を片づけるためには、まず断捨離からスタートという人も多いですよね。でも、断捨離ができずにいる人は部屋が散らかり放題になりがち。物を買ったら既に持っているものを処分するくらいでないと、いつまでたっても片付きそうにありませんね。

■身だしなみがだらしない

・「髪の毛が乱れていて、服装にも無頓着。自分のこともきれいにできない人は、部屋も汚さそうだから」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「身だしなみがずさんで、だらしない」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

人にどう見られているかを気にしない人は、部屋の片づけも同じく汚れていても気にならなさそう。髪もバサバサでいつもすっぴん、飾らないというよりもだらしなさが感じられる女性は部屋が汚くても「やっぱり」と納得してしまいそうですね。

■大ざっぱ

・「いつも時間にルーズ。部屋の片づけに対してもルーズな感じがするから」(33歳/不動産/専門職)

・「何に対しても大ざっぱな性格の人」(28歳/医療・福祉/専門職)

時間に遅れてきても平気だったり、約束を守らなかったりとルーズな一面を持っている人は、何かにつけてだらしない感じ。部屋が汚くても「まぁ、いいか」とそのまま放置し続けていそうですね。

■片づけが苦手

・「片づけが好きでない。好きでないから汚い」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「整理整頓が苦手なタイプ。こだわりがない」(33歳/学校・教育関連/専門職)

部屋が汚いのはズバリ「片づけが苦手だから」。どうやって片づければいいのかを知らないと、片づけはじめても余計に散らかる羽目になりそうですね。片づけ上手な友だちにアドバイスしてもらったり、片づけ本を参考にするしかなさそうです。

■まとめ

普段の言動からある程度想像がつく部屋の汚さ。自分自身の身だしなみや持ち物に気配りが行き届いていないと、部屋も同様だと思われるのは仕方ないかもしれませんね。ただ「忙しそうにしている女性。そこまで手が回らなそう」(33歳/学校・教育関連/技術職)と片づけたくてもできない理由があるのかもと考える人や「その日の気分で生きている。話す内容が日によってちがいすぎる」(27歳/商社・卸/事務系専門職)など、性格に問題があるのかもと思う人も。どんな理由であっても「部屋が汚い」イメージはマイナスであることは間違いないので、身のまわりも含めて気を付けたいところですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月24日〜11月30日
調査人数:107人(22歳〜34歳の女性)