OnePixcelが1stシングル「TONDEKE/Analoganize」をリリース。インタビュー第2弾では傳彩夏、鹿沼亜美、田辺奈菜美がメンバー間の関係について語ってくれた

写真拡大

ガールズユニット・OnePixcelが11月23日、1stシングル「TONDEKE/Analoganize」を発売。メンバーの傳彩夏、鹿沼亜美、田辺奈菜美の3人にインタビューを行った。

【写真を見る】“人見知り”ななみん、小中学生にも緊張!?

OnePixcelは'15年9月に結成されたユニットで、これまで単独ライブや対バンライブなど開催。'16年6月には、1stミニアルバム『ZERO』をリリースした。

今回のインタビューでは1stシングル「TONDEKE/Analoganize」や今後について、さらにクリスマスや正月の思い出などを語ってくれた。

【OnePixcel、新曲のポイントは「傳ちゃんのダンス」 より続く】

――前作の時と比べて、周りの反響は変わりましたか?

傳:リリイベとか、対バンにも最近出てるので、「初めてワンピク見た」とか「これからライブ行くね」とか言ってくれる人は増えました。

田辺:今までワンピクのこと知ってたけど、対バンとかで初めて見てハマったっていう人が増えました。そういうリプとか、つぶやきを見ます。嬉しくて、スクショするよね。

傳:嬉しい! 嬉しい!!みたいな。

――ちょっとずつ浸透していますね。

鹿沼:でも、まだまだです。着々とっていう感じですね。

――前作の頃からメンバー間の関係に変化はありましたか? 前回のインタビューでは「仲が良過ぎるから、けんかしよう!」と話していましたが。

田辺:けんかは…大したけんかはしてないよね。

鹿沼:前より仲良くなったっていうか。

田辺:前よりは本音を言えるようになったよね。

鹿沼:関係的には変わってないけど、信頼が変わったと思います。学校がある日はレッスンがないんですけど、会いたいなとか。本当に、ちょっと会いたくなっちゃう。

傳:LINEにワンピク3人のグループがあって、学校のお昼休みにそこのトークで亜美が電話してくるんですよ。そこに私たちも入って、お弁当を食べながら3人で電話してました。友達が前にいるのに、「ちょっとごめんね」って。

鹿沼:寂し過ぎて(照)。友達でもないし、家族でもないんですけど、これから長い期間一緒にいる人として、すごい信用できてるし。

傳:仲間感!

鹿沼:言葉に表せられないけど、新種な気持ち?

傳:新種な気持ち!

田辺:隠し事とか秘密とか、あんまりないよね。

傳:結構、みんな言うよね。

田辺:家族のけんかのこととかも話してるんですよ。

傳:家族のことも、友達関係のことも、結構全部言ってるよ。

鹿沼:全部言ってる。特別な感じかもしれない。初めての気持ち? 前と何が変わったかっていったら、何でも話せる!

傳:深くなった。

鹿沼:「どうしたら、ここ上手く歌える?」って、ななみんに聞いたりとか。あんまり、いい回答は返ってこないけど(笑)。「分かんなーい」とか。

――鹿沼さんは恋しいそうですが、お二人はどうですか?

傳:一緒です。

田辺:傳ちゃんと私、学校が一緒なんですよ。学年が違うから階は違うんですけど、同じ学校にいて電話してる違和感があります。

傳:会ったら、ななみーんって抱き付きます。でも、ななみんは学校では冷たいです(笑)。

鹿沼:ツンデレだから仕方ないよ。

傳:学校ではツンツンを出してくる。

――田辺さんは、学校ではそういうツンツンキャラでいってるんですか?

田辺:いやいや(笑)。

鹿沼:キャラじゃないよね。

傳:学校終わりにレッスン行く時は、「傳ちゃん」って甘えてきます。

田辺:何〜?

傳:その時は、私がツンで返します。

鹿沼:この2人、ちょっとツンツン、デレデレし過ぎて。

田辺:亜美はデレデレしてるよね。

傳:たまにツンもあるけどね。

鹿沼:ある?

傳:ななみんがさ。

鹿沼:そう、ななみんがデレデレしてると、たまにツンで返したりする。アメとムチってやつ?

傳:全員でバランス取ってます。

田辺:こんな感じです、いつも。もうやだ(笑)。

――関係性はそんな感じで、それぞれのキャラに変化はありましたか?

一同:変わってないです(笑)。

――鹿沼さんは自分大好きとおっしゃってましたが。

鹿沼:違う(笑)。まあ、自分大好きですけど。自分が好きっていうより、メンバーが好き!

――2人のどんなところが好きですか?

鹿沼:人として好き! 生き方みたいな、よく分かんないけど(笑)。2人ともめっちゃかわいいし、自分がOnePixcelのファンだったら2人とも大好きになると思います。

傳:彩(傳)も好き!

鹿沼:(ツンと遮って)ちょっとごめんね(笑)。2人の性格もいい感じだし、トータルとしてメンバーが好き。(田辺に)嫌な顔しないでよ(笑)。こういうところも、良い感じですね。

田辺:何が? Mだ(笑)。

傳:私も一緒かも。結構似てる部分があって。

鹿沼&田辺:えー。

傳:えーっ!? 結構、みんな一匹狼なんですよ。女子がみんなでトイレ行こうっていう時に、1人で行けちゃうみたいな人たちの集まりだから。みんなサバサバしてるし。

田辺:1人でどこか行っちゃうよね。

傳:言いたい事も言ってくれるし。

鹿沼:そういう面では苦労しないよね。

傳:女子感がないからね。

田辺:女子女子してない。

鹿沼:いい意味で女子感がない。

傳:一緒にいて楽で。

田辺:変な気を遣わないしね。

傳:相談事があったら、取りあえずワンピクへ!みたいな、メンバーとスタッフさんに!みたいな感じです。

鹿沼:共感(拍手)。

――田辺さんにもお聞きしていいですか?

田辺:えっ。

鹿沼:えっ!? 私、好きじゃないけどみたいな感じ?(笑)

田辺:待ってよ! 好きだよ!! 好きなんですけど、何が好きかって分からない…何が好きっていう質問でしたっけ?

――いえ、それぞれのキャラの変化についてで、鹿沼さんが前回「自分が好き」って言ってましたねっていうところから、メンバーが好きという話になりました。

鹿沼:キャラは変わってなくない?

――田辺さんは、変わらず“かまちょ”ですか?

鹿沼&傳:変わってないです。

田辺:“かまちょ”じゃないないもん。

鹿沼:本当に構ってないです。

田辺:構ってない?

傳:混ざっちゃった。

鹿沼:言い間違いが激しいんで。

プロデューサー:スタッフへの人見知りはなくなったよね。

鹿沼:初対面の人が来ると、一気にななみんじゃなくなります。

傳:はいっ!みたいな。無になって。

鹿沼:誰?みたいな。

傳:ななみんは?って。

プロデューサー:別のグループの小中学生に緊張してます。

鹿沼:人見知りは全然変わってないです。

傳:知らない火人が来たら、(姿勢が)ピンッだよね。

田辺:変わってない…変わらないです!

――最近、面倒くさいなと思ったかまちょエピソードはありますか?

鹿沼:「プリン食べていい?」とか。絶対に食べるのに聞くんですよ。

傳:そうだね。さっきスタバに行って、ななみんだけ頼んだんですけど、「本当にいい?」「買うよ?」みたいな。

鹿沼:「飲め、飲め」って言ったら「買う!」って。結局買うなら、聞くなよみたいな。

傳:自分では決まってるけど、3回は聞くよね。

鹿沼:取りあえず聞く。結局「買う!」になるんですけど。

傳:レジに並ぶまで聞くからね。

田辺:面倒くさくない?

鹿沼:取りあえず聞く。おにぎりとかあると、上目使いで見てくるんですよ。亜美がダメだよって、見えないようにおにぎりをパソコンの裏とかに隠すんです。そういうのとかも、食べるくせにいちいち聞いてくる。

――隠されても食べるんですか?

鹿沼:食べる時は食べるし、我慢する時は我慢してます。基本、プリン食べてるよね。

傳:プリン女だから。

田辺:食いしん坊は傳ちゃんだから。

鹿沼:めちゃめちゃ食いしん坊ですよ、この2人は。

傳:食にしか興味がないから。

鹿沼:ひたすら食べてるよね。本当に幸せそうな顔して食べてる2人を見てて、嬉しくなる。

傳:本当に? ありがとう!

――田辺さん、傳さんが幸せを感じるのは食べてる時?

傳:幸せ!

田辺:さっきも食べてたよね。

傳:食べるために、朝早く起きてます。

鹿沼&田辺:それは傳ちゃんだけだから。

傳:朝ご飯、大事だよ!

――鹿沼さんが幸せに感じることは?

鹿沼:ゲーム! でも、このメンバーといる空間が幸せ! いい事言ったと思う。

田辺&傳:自分で行っちゃダメだよ。

鹿沼:でも、本当にそう。

田辺:ワンピクがなくて、普通の学生だったら絶対つまらないなって思います。友達とけんかしたり、学校の子と気まずくなっても、ここに来ればハッピーになれるから。

鹿沼:本当に土日が幸せですね。

傳:平日の火曜日とか、長く感じるよね。

鹿沼:感じる。だからほぼ毎日、LINEしちゃいます。

傳:基本、LINEしてるよね。

鹿沼:関係ない事とか「ねぇねぇ、聞いて」ってLINEして、誰かが既読無視して終わるんです。次の日も、写真を送ったりとか、「なう」とかって。どうでもいい事も報告しちゃうくらい。

――土日が待ち遠しいんですね。

鹿沼:待ち遠しい! もう学校行かなくていいんじゃないかって思っちゃうくらい。

田辺:ダメダメ!

【OnePixcel、「一緒にお風呂」「川の字で寝る」で成長? へ続く。同記事は12月14日(水)朝6時配信予定】