みんな電力株式会社・大石英司社長

写真拡大

「5年後か10年後には、近距離なら電力は無線で送られるようになると考えています。今や発電は誰でもできる時代。子どもがつくった電力を親が受け取ったり、おばあちゃんがつくった電力を孫が受け取ることもできるようになるでしょう。個々人の間で、気軽に電力の売買もできるようになると思います」

 そう語るのは、太陽光や風力など自然エネルギーによる電力を供給する、みんな電力株式会社の大石英司社長だ。同社のコンセプトは、「顔の見える発電所」。生産者のプロフィールがわかるように売られている野菜があるが、それと同じように、どんな人たちがどのように発電しているのかわかるというものだ。
 
 同社はいくつもの発電所から仕入れを行っているが、そのなかのひとつ「かあさん牛のヨーグルト工房発電所」を訪ねた。

 東京の八王子。新宿から京王線で50分ほどの山田駅で下車し、コンビニエンスストアやレストラン、居酒屋、マンションが建ち並ぶ大通りを5分ほど行き、細い道に入っていくと、牛、豚、羊などが大地の上で寛いでいる。

 ここが「磯沼ミルクファーム」。工房では独自のヨーグルトや乳製品をつくっており、世界で一番小さなヨーグルト工房でもある。牛舎の屋根にソーラーパネルが設置され、発電がされている。発電所を運営しているのは、「一般社団法人八王子共同エネルギー」、通称「はちエネ」である。牛舎を見渡せるオープンテラスで、「はちエネ」の加藤久人代表に話を聞いた。

「2011年3月11日の福島第一原発の事故で、他の地域の人々の犠牲のもとに、東京の電力がまかなわれている事実を突きつけられた気がしました。仲間たちと勉強会を重ねて、原発反対と訴えるだけでなく、オルタナティブな解決策を発信するほうが実りが多いのでは、という考えに至りました」

 はちエネでは現在、「ユギムラ牧場ソーラー発電所」「結の会ソーラー発電所」を含め、3つの発電所を稼働させ、みんな電力に供給している。「顔の見える発電所」というコンセプトに共鳴してのことだ。

 磯沼ミルクファームは、コーヒー工場・チョコレート工場でそれまで廃棄物となっていたカカオ殻・コーヒー皮、豆、粉を取り寄せて、牛舎のベッドとしている。牛の糞尿は農家・家庭菜園・学校農園に肥料として提供している。自然エネルギーを目指すはちエネのポリシーとぴったりと合致したのだ。牛、豚、羊がのびのびと暮らすなかで、はちエネはパーティ風に、楽しく語り合う勉強会を開くことも多い。

 利用者はみんな電力と契約すると、応援したい発電所を選ぶことができる。そうすると、電気料金のなかから応援金が、その発電所に行くという仕組みだ。かあさん牛のヨーグルト工房発電所では、応援してくれた消費者には、ヨーグルトを特典として贈ることも現在検討している。こうして、発電所と消費者が直接つながることができるのが、顔の見える発電所の魅力だ。

●不純な動機

 この奇抜な発想は、意外にも不純な動機から生まれたと、大石社長は語る。

「07年くらいに、たまたま私の携帯電話の電池が切れそうになりました。すると目の前にきれいな女性がいて、携帯を充電できるソーラー付きのキーホルダーをぶら下げていたのです。このお姉さんから電気を分けてもらえるんだったら、200円で買ってもいいなと、隣のおじさんからだったら20円がいいとこだろうと、そう考えたのがもともとのきっかけですね」

 その発想を温めて、11年に起業。徐々に発電所を増やしてきた。

「でっかい発電所から送られてくるのとは違って、『みんながそれぞれ小さくつくった電気が、自分の家に来ているんだ』と思うと、『自分はその人たちに支えられている』という気持ちにもなると思います」

 現在話が進められているなかには、ミュージシャン、プロレスラー、アイドルによる発電もある。

「環境問題などに積極的に関わっているミュージシャンで、東日本大震災以降の問題意識で自然エネルギーの発電所を持ってる方がいらっしゃるんです。応援してもらったら、1曲無料でダウンロードできるとか、そうした特典をつくれる可能性がありますね。プロレスラーの方は体力があるから、自らつくった発電所がある。自分でつくった電気で、金網デスマッチで電気ショックを受けるなんてことができたらおもしろいよねってことで話が進んでいます。アイドルの方は事務所と話が進んでいて、応援してくれたら、本人とチャットができるなどの特典を考えています」

●自然破壊も回避

 原発事故で被害を受けた福島でも、自然エネルギーの発電所が増えている。復興のために応援するということも今後は考えられる。顔の見える電力のラインナップはどんどんと増えていきそうだ。

 自然エネルギーでもメガソーラーなどは、森林を切り開いてつくられるなど、自然破壊につながることもある。みんな電力は、小規模分散型の電力を消費者とつなげていくという考えで、そうした懸念はない。

 自然エネルギーに対して「不安定で停電しやすいのではないか」という誤解がある。自然エネルギーで発電された電力も、ひとつのネットワークの中に入り、それを供給するのは送配電事業会社の責任である。事故でもあればすべてが停電するが、自然エネルギーに限って不安定だということはない。

 人と人をつなぐ、「顔の見える発電所」の未来は大きく開かれている。
(文=深笛義也/ライター)