「Thinkstock」より

写真拡大

 最近、熱いものや冷たいものを口に入れたときに、しみたり、歯の表面が黄ばんで見えたりすることがありませんか?

 もしかすると、それは「酸蝕歯」(さんしょくし)かもしれません。

 歯の病気といえば、虫歯を思い浮かべる方も多いでしょう。虫歯は、虫歯菌が甘いものに含まれる糖類から酸をつくりだし、その酸が歯を溶かしてしまうことで起こるのは周知の事実です。ところが、酸蝕歯は甘いものではなく、酸性度の高い飲み物が日常的に歯に触れることで、その酸が歯を溶かすことで起こります。

 飲み物の酸性度を示す指標にpH(ペーハー、ピーエイチ)があります。歯が溶け始めるのは、pH5.5以下の飲み物に歯が触れたときです。

 pHとは、水溶液中の水素イオン濃度を表す指数で、酸性、アルカリ性を示す値です。pH7は中性を意味し、7よりも小さい数値ほど酸性、酸性度が強く、逆に7よりも数値が大きいほどアルカリ性、アルカリ度が強いということになります。

 口の中のpHは通常、唾液の力によって中性(pH7)に保たれています。歯は酸性を示す食物に長い時間触れていたり、唾液の分泌量が少なかったり、酸性の状態が持続すると、溶けてしまうことがあります。

 歯は、その表面がエナメル質、その内側は象牙質でできています。ちなみに、エナメル質は体の中で最も硬い部分で、骨よりも硬く歯を守っています。そんなに強いエナメル質も、pH5.5以下の飲み物が歯に当たることで溶け出してしまいます。

 しかし、そのときに唾液の力が十分に発揮できれば、歯が溶けなくてすみます。通常、短時間触れるだけなら、pH5.5以下の飲み物が歯に触れても唾液の力で修復されるので、問題ないとされています。

 歯が溶けた状態になるのは、pH5.5以下の飲み物に長い時間、歯が触れることで起こります。長時間になると、中性にする唾液の力が追いつかなくなり、その結果、歯の表面のエナメル質が溶け始めてしまいます。

●正しい生活習慣が大切

 では、pH5.5以下のおもな飲み物をご紹介いたします。

・栄養ドリンク:pH2.5〜2.8
・酎ハイ:pH2.5〜2.8
・赤ワイン:pH3.4
・白ワイン:pH3.3
・野菜ジュース:pH3.9
・飲むヨーグルト:pH4.1
・ビール:pH4.0〜4.3
・日本酒:pH4.4〜4.9
・トマトジュース:pH5.0
・ウイスキー:pH5.0

 ちなみに、ご参考までにpH5.5以上の飲み物は以下です。

・牛乳:pH6.8
・調整豆乳:pH7.3
・ジン:pH8.3

 ワインを片手に読書やビデオ鑑賞を楽しんでいる方も多いと思います。このとき、ちびちびとゆっくり時間をかけて飲むことが習慣の方は、ご注意ください。長い時間、pH5.5以下の飲み物に触れていると、唾液の分泌が少なくなり、唾液の力が十分に発揮できずに歯が溶け始めることになります。

 また、少しずつ飲むことで、酸と歯が接触する時間が結果的に増えることにもなります。一番避けたいことは、飲んでそのまま寝ることです。寝ている間は、唾液の分泌がさらに少なくなるからです。

 予防対策として、だらだらpH5.5以下の飲み物を飲まないようにすることが先決です。時間を決めることです。これは、肝臓の健康のためにもよいでしょう。

 次に、飲み終えたら30分くらいあけてから歯を磨くようにすることです。30分くらい空ける理由は、pH5.5以下の飲食物に歯が触れた後は、酸の影響で歯のエナメル質が柔らかくなり始めているからです。すぐに歯磨きをすると、歯が傷みやすくなります。30分の間に、唾液の力で口の中を中和させてから、歯を磨くとよいのです。

 ご承知のように、ベストな食習慣は、夕食以降に飲食しないことです。それは、健康維持にも健康寿命の延伸にもつながります。いつまでもご自身の歯で食事ができるように、歯をいたわった食習慣をつくりましょう。
(文=森由香子/管理栄養士)