10日、韓国の国際結婚件数が減少している。韓国政府の統計によると、2015年の国際結婚件数は2万22462件と前年より7.9%も大きく減った。また、年齢差が拡大していることも明らかになった。

写真拡大

2016年12月10日、米誌「Highbrow」ウェブ版によると、韓国の国際結婚件数が減少している。11日付で澎湃新聞網が伝えた。

韓国政府の統計によると、2015年の国際結婚件数は2万22462件と前年より7.9%も大きく減少した。08年の3万6629件をピークに減少を続けている。韓国人の国際結婚のうち62.6%が韓国人男性と外国人女性の組み合わせ。相手国では中国が27.9%でトップ。以下、ベトナム、フィリピン、日本と続く。韓国人女性と外国人男性の結婚でも、相手国は中国がトップだという。

また、国際結婚における年齢差が拡大していることも明らかになった。夫が妻よりも10歳以上年上のケースは37.7%に達した。韓国人同士の結婚で10歳以上の年の差婚比率は6%にとどまる。結婚できなかった、または離婚歴がある韓国人男性が若い外国人女性と結婚するケースが多いためではないかとHighbrowは分析した。国際結婚における夫の平均年齢は45歳(15年)と高いことが根拠となっている。(翻訳・編集/増田聡太郎)