12日、中国のポータルサイト・今日頭条は大ヒット中の映画「君の名は。」の新海誠監督も驚いたという中国の学校事情に関する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年12月12日、中国のポータルサイト・今日頭条は大ヒット中の映画「君の名は。」の新海誠監督も驚いたという中国の学校事情に関する記事を掲載した。

最近、バラエティー番組で中国の学生服に関するインタビューを受けた新海誠監督は、中国の学生服を見て「これが制服?どう見てもジャージだ」と回答。その上で、「この種の制服ではアニメを作るのは難しい」と述べたという。実際、中国の学校の多くがジャージを制服としている。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国の制服を着ると労働改造所の囚人のような感覚になる」
「英国の学生は、中国の学生服のことをパラシュートみたいだと表現していた」

「こんなにも醜い制服なのに、値上げまでするんだぜ」
「中国の制服を着た主人公のアニメなんて直視できない。新海監督を責めることはできないよ」

「民国時代の制服はセーラー服よりずっとおしゃれだったのに」
「中国の制服は早すぎる恋愛を防ぐことができる。日本の学園アニメを見ろ、みんな恋愛中だ」

「中国の制服はとてもいいじゃないか。青春であふれている」
「中国の制服は背が高くても低くても太っていても痩せていても着られるから許容範囲が広い。セーラー服とかは人を選びすぎだ」(翻訳・編集/山中)