映画『LION/ライオン』5歳で迷子に、25年後、Google Earthを使って故郷に帰った奇跡の実話

写真拡大

映画『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』が、2017年4月7日(金)TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー。

世界中が驚愕した奇跡の実話

インドのスラム街出身の5歳の少年が、停車中の電車で寝込んでしまい、遠くまで運ばれそのまま迷子になった。その25年後、Google Earthを使いつつ、記憶のカケラを辿って生まれ故郷に帰り着いたという奇跡の実話が本作の基となっている。

原作は迷子になった本人サルー・ブライアリーのノンフィクション本『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』。

豪華キャストにも注目

オーストラリアで養父母と幸せに暮らす主人公サルーだが、25年間もの間、離ればなれになった実の兄と母をずっと忘れられずにいた。そこから自分のルーツを辿る旅がはじまる。そんなサルーを演じるのは『スラムドッグ$ミリオネア』で主人公のフレッシュな青年ジャマールを演じたデヴ・パテル。

その他、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンらが脇を固める。第89回アカデミー賞では、作品賞、助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門にてノミネート各地の映画批評家協会賞でも数多くノミネートを果たし、賞レースを席巻している。

ストーリー

迷った距離1万キロ。探した時間25年。道案内はGoogle Earth。

インドのスラム街が舞台。兄と遊んでいるうちに停車中の電車で眠り込んでしまった5歳のサルーは、遥か遠くの地に列車で運ばれ、そのまま迷子に。25年後、養子に出されたオーストラリアで成長したサルーは、人生の穴を埋めるため、そして未だ言えずにいる「ただいま」を伝えるために、家を探し始める。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。
1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、彼の人生の穴を埋め、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。

【作品情報】

『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
公開日:2017年4月7日(金) TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー
製作:イアン・カニング『英国王のスピーチ』
監督:ガース・デイヴィス 
出演:
デヴ・パテル『スラムドッグ$ミリオネア』
ルーニー・マーラ『キャロル』/
ニコール・キッドマン『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
デヴィッド・ウェンハム 『オーストラリア』
配給:ギャガ
(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia


[写真付きで読む]映画『LION/ライオン』5歳で迷子に、25年後、Google Earthを使って故郷に帰った奇跡の実話

外部サイト

  • 映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』6月公開、衝撃の官能ラブストーリー第2章
  • 映画『ダンケルク』C・ノーラン監督が実話に初挑戦 - ワン・ダイレクションのハリーも出演
  • 映画『アリーキャット』窪塚洋介×降谷建志、“愛すべき不器用な男たち”のロードムービー