「ポッピンQ」の一場面 (C)東映アニメーション/
「ポッピンQ」Partners 2016

写真拡大

 東映アニメーションが創立60周年を記念して手がけた、オリジナル劇場アニメ「ポッピンQ」の特別映像が完成し、瀬戸麻沙美ら主演声優5人が歌う卒業ソング「さよなら。ありがとう。」が公開された。

 悩みを抱える少女たちがぶつかり合い、成長していく姿を、ダンスや音楽を交えて描く青春ストーリー。中学校の卒業式を目前に控える15歳の少女5人が、すべての世界の時間軸に通じている「時の谷」に迷い込み、そこで暮らす「ポッピン族」にダンスの力で世界を救ってほしいと頼まれる。

 特別映像は、「さよなら。ありがとう。」に乗せて、ヒロイン5人が奮闘する姿が映し出される。はじめはバラバラだった5人は、時の谷での生活やダンスレッスンを通じて、「みんな同じなんだね」と気づき心をひとつにする。少女たちの成長とともに、「卒業という名のはじまり」「新しい明日が待ってるから、僕たちは旅立つ」といった歌詞が歌われる。後ろ向きな自分を“卒業”し、未来に向けて前進する、ヒロインの成長を称えるかのように鳴り響く音楽が胸を打つ映像となっている。

 5人のヒロインの声を、瀬戸のほか井澤詩織、種崎敦美、小澤亜李、黒沢ともよが担当する「ポッピンQ」は、12月23日から全国公開。特別映像は、公式YouTube(https://youtu.be/DmCdoQAlWFo)で公開中。