悪い人ではないのだけれど、2人きりのデートはちょっと……という人から、はたまたしつこすぎてどうしてくれようかと思う相手にまで使える、デートしたくない相手の誘いを華麗に断るセリフを集めてみました。

新しい恋愛をする気になれない

失恋したばかり、新しい仕事をスタートしたばかりで新しい恋愛をするパワーはないと伝えましょう。彼にだって恋愛をする気になれない気持ちはわかるはずです。とは言え、猛烈に素敵な人が現れたら失恋2日目でも恋に落ちちゃうことなんて山ほどありますけどね!

今は自分自身にフォーカスを当てる時期だと思う

新しい恋をする前に自分磨きをする必要があると伝えましょう。これまで恋愛や仕事が忙しくて自分を見失い欠けていたのでゆっくりと自分自身を見つめていきたいと付け句変わればなお◎!

恋人以上の関係は考えられない

しつこい相手にはっきりと「お前はフレンド・ゾーンから抜け出すことはできないのだよ」と伝えるのです。彼とはまったく正反対の好みのタイプを言ってしまってもいいかもしれません。

今は時期じゃないけど、もしかしたら将来的にはね

デートはしたくないけど、自分に好意を寄せてくれる人がいるというのはとても気分のいい状況でもあります。そのため、それをキープするために「将来にはなにかあるかもよ」と匂わせるという方法も。まあ、それに彼が気づいたときにはあなたの悪女っぷりが露呈されてしまいますが。

好きな人がいる

すでに好きな人がいるからほかの誰かとデートすることはできないと伝えましょう。もしくはほかの誰かとデートしていると言ってしまっても構いません。相手に気になる相手がいるにもかかわらず、しつこく言ってくる人は少ないでしょうからね。

今週はかなり忙しいから時間ができたら連絡するよ

とにかく忙しくて予定がわからないから、もし時間が空いたらこちらから連絡すると伝えるのです。あなたのことが好きな相手は、あなたからの連絡を待つことになりますので、ソーシャルメディアに遊びまくっている写真をアップしまくるのは控えたほうがいいかもしれません。逆に、遊びまくっている写真をアップしまくって「あなたと遊ぶひまはないのよ」とアピールする方法もありますが!

ごめん、メッセージ今までみてなかった!

いつも週末にお誘いをしてくるような彼の場合、あえてそのメッセージを週明けまで開かず、お誘い頂いていた日が過ぎてしまっていたという口実をつくりましょう。LINEやメッセンジャーなどはいつメッセージを開封したのかがわかってしまいますので、誤ってメッセージを見てしまったときには、返信したけど、送信されていなかったということにしておきましょう。