シナモンロールをメインに提供するチェーン店「シナボン」が、「おなかがすいたら」でおなじみのお菓子「スニッカーズ」とコラボレーションした「スニッカーズ・ロール・オン・ザ・ゴー」を提供しています。シナモンの独特な香りが特徴のシナモンロールと、キャラメル・チョコレート・ピーナツが入った甘さ満点のスニッカーズが一緒になるとどうなるのか気になったので、実際にお店で食べてきました。

【東京・六本木/原宿店/二子玉川/吉祥寺ほか】シナボン「スニッカーズ・ロール・オン・ザ・ゴー」

http://www.cinnabon-jp.com/information/press/161019.php

スニッカーズ・ロール・オン・ザ・ゴーの提供店舗の1つである六本木店にやってきました。



店内ではポップでスニッカーズ・ロール・オン・ザ・ゴーをアピール。スニッカーズもたくさん積み上げられています。



注文して2〜3分でスニッカーズ・ロール・オン・ザ・ゴーは完成。オーダーごとに温められるので、透明のフタはうっすらと曇っています。



一口大にカットされたシナモンロールとスニッカーズが山盛り。



温めることでトローリ溶けたスニッカーズのチョコレートと、シナモンロールのテカテカのアイシングが食欲をそそります。



シナモンロールとスニッカーズを一緒に食べると、まず感じるのは強烈な甘さ。チョコレート。キャラメル、シナモンロールという3種類の甘さが、それまでの疲れを吹っ飛ばしてブーストするかのようです。



スニッカーズはトップにたくさん盛られていますが、底の方はほとんどシナモンロール。



シナモンの独特な香りがアクセントになっていて、もちもち食感のシナモンロールは健在ですが、それを上回るくらいスニッカーズが強烈な存在感を放っています。「スニッカーズ・ロール・オン・ザ・ゴー」は税込420円で、4個入りのパーティパックは税込1680円。単品およびパーティパックの取扱店舗は六本木店、原宿店、二子玉川ライズ S.C.店、コクーンシティ店で、単品のみの取扱店舗はアトレ吉祥寺店とららぽーとTOKYO-BAY店です。なお、「スニッカーズ・ロール・オン・ザ・ゴー」は期間限定商品となっており、2016年12月下旬までの提供になっています。