映画『モンスターストライク』ゲームファンを集客し初登場ナンバーワン!
 - (C)mixi,Inc. All rights reserved.

写真拡大

 先週末に公開された人気アプリの劇場版アニメーション映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』が、土日2日間で興行収入4億3,961万2,800円、動員39万416人を記録し、興行通信社の発表した全国映画動員ランキング(12月10〜11日付け)で初登場1位を獲得する大ヒットスタートを切った。

 「モンスターストライク」のアプリ開発に協力する小学生、焔レンと3人の少年少女たちが、現実世界に現れたドラゴンを元の世界へかえす旅を通じて、邪悪な闘神との戦いに身を投じていく姿を描く本作。ゲームアプリの強みを生かし、映画館に行くと無料で期間限定ガチャが引ける「映画館がヤバい! キャンペーン」などファン層に向けた試みを展開。普段、映画を観ない客層を劇場に呼び込むことに成功した。

 この限定ガチャ「モンスターストライク THE MOVIE」を無料でひくことができる“オラ玉”プレゼントキャンペーンは、25日まで(1日につき1回ガチャが引けるオラ玉を配布)実施されるといい、まだまだ集客の要となりそう。さらに、劇中に登場するキャラクター「ゲノム」に挑戦できるクエストを劇場で先行プレイできたり、入場者に「開運カード」がプレゼントされたりといった特典が用意され、週末は満席となる劇場が続出。冒険や戦いを通して育まれる少年少女たちの絆を描いた王道ストーリーへの評判も高く、口コミの力を得て、今後の冬休みシーズンも成績を伸ばすことが期待される。

 坂本真綾、村中知、水樹奈々、山寺宏一といった人気声優に加え、大御所俳優・北大路欣也をボイスキャストに起用。監督はテレビアニメ「ガンスリンガー ストラトス」などの江崎慎平、プロデューサーにテレビアニメ「輪廻のラグランジェ」シリーズなどの平澤直、脚本にテレビアニメ「ハイキュー!!」シリーズなどの岸本卓らが結集する。(編集部・入倉功一)