ビルの最上階にあり、店内奥のカウンター席ではガラスごしに夜景を満喫できる

写真拡大

大阪・梅田にあるビルの最上階に、ツリーハウスをイメージした「肉バル×クラフトビール Tree House Diner 梅田店」が12月6日にオープンした。

料理に合う多彩なクラフトービールがスタンバイ

メインとなる肉料理は、「自家製ローストビーフ」(961円)や「フォアグラ寿司」(928円)など、クラフトビールやワインとぴったりの品がそろ。

イチオシは、ラム肉のブラックオリーブのタプナードソース添え、鶏モモ肉の香草パン粉焼き、豚ロースのレホール添えといった、3種類の肉と異なる調理法をひと皿で楽しめる「Tree House Diner特製 贅沢肉コンボ」(2700円)。

さらに、人気のチーズ料理「ラクレットチーズ」も用意。注文を受けてから、断面を専用オーブンで温めてトロリと溶かしたチーズを、ハンバーグやソーセージ、ジャガイモなどの野菜に絡めて食べる。チーズに合わせるメニューは、「ハッセルバック&ソーセージ」(2149円)や、「温野菜と温泉玉子の野菜プレート」(2257円)など、5種がラインアップ。

また、30種以上の国内外のクラフトビールをそろえているのも魅力。大阪生まれの「箕面ビール」(1296円〜)や、「大阪國乃長ビール」(1296円〜)のほか、世界で愛されている「BLUE MOON」(1134円)なども楽しめる。

店内は中央にそびえる大木や、ウッドテイストの家具で、新しさと懐かしさを感じさせる居心地の良い空間を演出。40席あるので、デートや女子会、パーティなどさまざまなシーンで利用できる。

さらに、誕生日や記念日には、特製アニバーサリープレートとスパークリングワインをボトルでプレゼント(前日までに要予約)しているので、特別な日に利用してみては!【関西ウォーカー編集部/豊田裕美】