美しい - 綾瀬はるか

写真拡大

 女優の綾瀬はるかが12日に千葉市内で行われた主演映画『本能寺ホテル』の完成報告会見に出席、共演者の堤真一が「映像も素敵で観終わった後に一歩踏みだせる映画になっています」と力強くアピールする一方で、「本能寺の変という歴史上の大きな出来事を『それなり』に描いていています」とまさかの“それなり発言”をかます天然ぶりで会場をわかした。会見には、濱田岳、風間杜夫、鈴木雅之監督も来場し、綾瀬の天然エピソードを暴露した。

 綾瀬と今回が初共演だという風間は、「(綾瀬の倉本繭子役が)ぼんやり、うっかり、あっ! おっとりしていて(演者を想定して脚本を書く)当て書きみたいな役で。(綾瀬は)撮影中も自然体で穏やかな人でした」と笑顔。一方の堤は、監督の「チラシがヒラヒラ落ちるんだよ」という説明を綾瀬が「違う人に語りかける?」と聞き間違えたことを報告し、「耳がどうなっているのかわからない」と苦笑い。濱田と中国の天安門事件について話している時に、綾瀬が急に「テンヤモン?」と言い出したこともあったという。

 しかし濱田は「綾瀬さんのフィルターを通すと天安門事件が『サザエさん』のような事件にかわるんです」としみじみ語り、「毎日そんなことが起きるのでお会いするのが楽しみになった」とにっこり。「綾瀬さんのことを嫌いな人はいないだろうなと思います」と綾瀬にすっかり魅了された様子を見せていた。

 本作は、日本史最大の謎「本能寺の変」に迫る歴史エンターテインメント作品。戦国時代に繋がる“本能寺ホテル”に宿泊したことで、天下統一を目前に控える織田信長(堤)、森蘭丸(濱田)らと出会い、交流を深める繭子(綾瀬)だったが、その日が「本能寺の変」の前日だったことから物語は予測不可能な結末に向かって走り出す。(取材/錦怜那)

映画『本能寺ホテル』は2017年1月14日より全国公開