中国の春節に合わせた特別輸送体制が、2017年は1月13日から2月21日にかけて実施される。写真は北京駅。

写真拡大

中国の各交通機関が帰省客らで大混雑する春節(旧正月)シーズン。2017年は春節に合わせた特別輸送体制「春運」が1月13日から2月21日にかけて実施される。鉄道切符の争奪戦は史上最大の激しさとなる見通しだ。

新京報が8日付で報じたもので、17年の春運では延べ29億7800万人が各交通機関を利用すると予測されている。鉄道に関しては、初日(1月13日)の切符の事前販売が今月15日からスタート。販売開始が乗車30日前に短縮されたことで購入希望者が集中、切符を手に入れる難度がいっそう増すとみられている。このほか、出発地別では出稼ぎ労働者が多い広東、北京、上海、浙江の駅を出発する列車の切符が最も入手困難になるとのデータもある。(提供/Bridge・編集/Yamaguchi)