幻のモノクロ版がブルーレイだけでなく劇場でも!
 - (C) 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED (C) 2016 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 世界中に熱狂的なファンを生み出した映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で、ジョージ・ミラー監督自らが「ベスト・バージョン」と豪語していた幻のモノクロ版が「マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション」としてブルーレイで発売されるのに先駆け、2017年1月14日より新宿ピカデリーほかにて劇場公開されることが決定した。

 日本で昨年6月に公開された本作は、1979年に発表されたメル・ギブソン主演の伝説的アクションシリーズの30年ぶりとなる作品。荒廃した近未来を舞台に、愛する者を失い荒野をさまよう主人公マックスが、砂漠を牛耳る独裁者から逃れようとする女性たちと手を組み、決死の逃避行に挑むさまを描いた。シリーズの生みの親であるミラー監督が再びメガホンを取り、主演はメルからトム・ハーディへと受け継がれた。

 熱狂的なファンに支持されると同時に、第88回アカデミー賞では最多12部門にノミネートされ6冠を制するという快挙も遂げた。そんな『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がついに、公開当時からファンの間で話題となっていたモノクロ版でスクリーンにカムバックする。(編集部・石神恵美子)

【初回限定生産】「マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション」ブルーレイ(2枚組)3,990円+税、【初回限定生産】「マッドマックス <ハイオク>コレクション」(8枚組)9,990円+税は2017年2月8日発売