初登場1位の「モンスターストライク」 (C)mixi, lnc. All rights reserved.

写真拡大

 12月10〜11日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。2013年にリリースされた人気ゲームアプリ「モンスターストライク」の劇場用アニメ「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」が初登場1位を獲得。オープニング2日間で動員39万0416人、興収4億3961万2800円を記録する大ヒットスタートを切った。初日2日間は、スマホアプリ用の特典として期間限定ガチャを無料でひくことができる「オラ玉」がプレゼントされる「映画館がヤバい!キャンペーン」を実施、ふだんあまり映画館に来ることのないモンスト・ユーザーに強烈アピールし、集客に成功した格好。映画の満足度も非常に高いことから、まずは興収15億円が期待できる出足となっている。

 2位は「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で、週末2日間で動員38万人、興収5億6600万円をあげ、公開19日間で累計興収41億円を記録した。「シン・ゴジラ」のペースを超え、今年公開された実写映画では最速の40億円到達。ワーナー・ブラザースの配給作品が1位・2位を占め、「ミュージアム」も6位と、アニメ、洋画、実写の邦画の3本でランクインし、お正月に向けて旋風を巻き起こしている。

 新作では他に、「仮面ライダー」シリーズの作品がスクリーン上でクロスオーバーする「MOVIE大戦」の第8弾「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」が3位に初登場。全国316スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員22万8000人、興収2億7600万円を記録した。これは昨年12月に公開され、興収約8億円強をあげた第7弾「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」の興収比123.9%の成績で、最終興収10億円以上が見込まれるスタートとなった。

 興収87.6億円の大ヒットを記録した「永遠の0」の監督・山崎貴、主演・岡田准一のタッグで、再び百田尚樹のベストセラー小説を映画化した「海賊とよばれた男」は4位にランクイン。全国426スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員22万4000人、興収2億8600万円の成績。これは「永遠の0」の興収比52.7%の出足となっている。「永遠の0」の半分、興収40億円超えを目指し、息の長い航海を続けたいところだ。