皆さんは、いまだに自撮り写真をネット上に投稿しているだろうか?しかし、それはもう時代遅れ!今の流行りは、ドアの写真を公開することだ。

写真拡大

皆さんは、いまだに自撮り写真をネット上に投稿しているだろうか?しかし、それはもう時代遅れ!今の流行りは、「ドア(出入口)」の写真を公開することだ。新華社が伝えた。

写真愛好家や観光客は世界各地の多種多様なドアを撮影して写真投稿サイト「インスタグラム(Instagram)」などでシェアし、「いいね!」やコメントをもらっている。イタリア、英国、フランス、米国、インド、アイルランドなどでは、「ドア」をテーマとしたInstagramのアカウントが話題を集めている。

「ドアの写真をアップして一体何が面白いのだ?」と誰もが疑問に思うに違いない。英デイリー・メール紙は、ドアの写真投稿に熱中しているというLaurel Waldronさんの談話を引用し、「誰もが『ドアの向こう側の風景』について興味を持っていたから、ドアの写真が流行するようになった」と報じている。

Waldronさん(31)はヨーロッパをあちこち歩き回り、さまざまドアの写真を撮影したという。英ロンドンに住むBella Foxwellさんも、ドアとその向こうにある風景やストーリーに魅せられた一人だ。「誰がペンキを塗ったのだろう? 特に、美しいドアを見たとき、『中には誰がいるのだろう?』とあれこれ想像をめぐらしてしまう」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)