2017年2月に国内発売がはじまるというマツダCX-5の詳細情報が発表されています。現在のマツダを支える新世代商品群の始点として誕生したCX-5が、より進化・深化した2代目になるわけです。

1

全身で、マツダのテクノロジーが正常進化していることを示す新型CX-5ですが、ここで注目したいのは『i-ACTIVSENSE』と称されるドライビングアシスト機能。

なかでも追従制御クルーズコントロール『MRCC(マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール)』は大きく進化しました。

従来はミリ波レーダーを用いるタイプでしたが、新型ではミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせることで追従可能なスピード域を0〜100km/hと、同社としては初めて渋滞対応としています。これまでは30km/h以下になるとMRCCがキャンセルされていましたから、大きく利便性がアップしたというわけです。

さらに、センサーの併用によって「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」と呼ばれるエマージェンシーブレーキの性能もアップ。従来は約4〜30km/hだった車両検知速度域は、約4〜80km/hへと大幅に広がりました。また約10~80km/hの範囲で歩行者も検知するよう進化しています。

また、MRCCなどの情報を表示するヘッドアップディスプレイも、新たにガラス投影タイプの『アクティブ・ドライビング・ディスプレイ』へと進化。より明瞭に、また視線移動を最小限に抑えたインターフェイスとなっています。

(山本晋也)

【関連記事】

2017年2月発売予定の新型CX-5!ロードスターRF!に触れる先行展示イベント開催
http://clicccar.com/2016/12/09/424902/

新型マツダ・CX-5のこだわりはワイパーとドア閉まり音で分かる!?
http://clicccar.com/2016/12/10/424848/

新型マツダCX-5はあまり代わり映えしない!? 外観はどう変わった?
http://clicccar.com/2016/12/09/424822/

センターコンソールを7cmも高めた新型CX-5のインテリア、インパネはどう「深化」したか?
http://clicccar.com/2016/12/09/424830/

新型CX-5のディーゼルエンジンは、静粛性と応答性向上で走りも深化
http://clicccar.com/2016/12/09/424859/

マツダ・CX-5がフルモデルチェンジで手に入れた同社初の「渋滞対応ACC」とは?(http://clicccar.com/2016/12/12/425399/)