FIESTARのCao Lu「仮想夫のチョ・セホが本当に好きだった」

写真拡大

Cao Luがチョ・セホに向かう気持ちを告白した。

12日午後9時40分に韓国で放送されるtvN「芸能人材所」では、グローバル時代に大韓民国でバラエティ界で働いている外国人バラエティ人材特集を放送する。チャン・ウィアン、藤田小百合、サム・オチュリ、f(x) エンバ、FIESTARのCao Luらが出演し、他のトークショーでは見られなかった現実主義トークを繰り広げる予定。

まず「芸能人材所」のMCチョ・セホと一緒にバラエティ番組で仮想夫婦として活躍したCao Luは、チョ・セホに対して率直な胸の内を明かし関心を引く。Cao Luは「初めての撮影でチョ・セホさんに初めて会って、ドッキリカメラじゃないのかと考えた。その後には私の運命の人だと考えて受け入れた」とし、格別なトークを誇示しスタジオを大爆笑させた。チョ・セホは「撮影当時お互いを確認して、Cao Luの最初の言葉が『私はあなたを愛さなければなりませんか』だった。いまだに忘れられない」と述べ笑いを誘った。

Cao Luは引き続き「仮想夫婦で一緒に撮影しながら実際に過ごしてみると、チョ・セホは本当に優しくて良い人だった。撮影しながら少しずつチョ・セホにハマっていった。本当に好きだった」と告白して温かさを伝えた。MCのソ・ジャンフンは「チョ・セホに会うたびに、実際にCao Luと付き合ったら良いのにと話す。Cao Luは本当に愛らしくて可愛い」と両者を積極的に応援した。

この他にも「アントラージュ」で演技挑戦に乗り出したエンバ、率直なトークで有名な藤田小百合、素敵なビジュアルで女心を狙撃した大陸の男チャン・ウィアン、各種広報大使となったサム・オチュリ、「ブッとび!ヨンエさん」のシーンスティラー(scene stealer:映画やドラマで素晴らしい演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者を意味する)、スジャルなど外国人芸能人の率直な悩みなどを公開し、面白さを伝える展望だ。

tvN「芸能人材所」は、毎週月曜日午後9時40分に放送している。