ソフトバンクは12日、クラウド型のビデオ会議サービス「PrimeMeeting(プライムミーティング)」の申し込み受け付けを開始した。

 PrimeMeetingは、ビデオ会議やウェブ会議の機能を統合し、ビデオ専用端末、パソコン、タブレット、スマートフォンなど状況に応じて最適な端末を用いてスムーズにコミュニケーションできる環境を提供するサービス。米国Polycom,Inc.の提供する高性能コラボレーション・インフラストラクチャソフトウエア「Polycom RealPresence Clarit」とソフトバンクが提供するクラウドサービス「ホワイトクラウド ASPIRE」をサービス基盤として採用することで、社内外問わずあらゆる場所から安定した高品質サービスの利用が可能になるという。

 また、Microsoft社が提供するSkype for Business Onlineとの相互接続により、それぞれの利用者間を接続することが可能。Skype for Business OnlineのIDを所有していればPrimeMeetingの会議に簡単に参加することができる。サービスの提供開始は2017年1月を予定している。

 利用料金は初期費用が5,000円(税抜)で、プランによって1万1,800円〜12万5,000円(税抜)。