写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは12月12日、クラウド型のビデオ会議サービス「PrimeMeeting(プライムミーティング)」にの申し込みの受け付けを開始した。

PrimeMeetingは、ビデオ会議およびウェブ会議の機能を統合し、ビデオ専用端末、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、状況に応じて最適な端末を用いスムーズにコミュニケーションできる環境を提供サービス。

新サービスは、クラウドサービスとして提供するため自社で専用システムを構築した場合と比較して、安価に導入が可能なほか、アプリケーションをダウンロードするだけで事前予約などの必要がなく、社内外問わず自由に会議に参加できる。

また、マルチデバイス対応のため、場所を選ばずに利用が可能なことに加え、24時間365日、日本語と英語のヘルプデスクを提供しシステム担当者の運用負荷を軽減するとともに、冗長化されたシステム構成により安定したサービスを継続的に提供するという。

さらに、米Polycomの提供する高性能コラボレーション・インフラストラクチャソフトウェア「Polycom RealPresence Clarit」およびソフトバンクが提供するクラウドサービス「ホワイトクラウド ASPIRE」をサービスの基盤として採用することで、社内外問わずあらゆる場所からサービスの利用を可能としている。

そのほか、PrimeMeetingはMicrosoftが提供するSkype for Business Onlineとの相互接続により、それぞれの利用者間をシームレスに接続することができる。Skype for Business OnlineのIDを所有していればPrimeMeetingの会議に簡単に参加することができるため、社内外問わずプロジェクトやサービス開発などの新しいコラボレーションに活用できるという。なお、サービスの提供開始は2017年1月を予定している。

プランは4プランを用意し、価格はいずれも税別で初期費用が5000円、「ルーム5」が1万1800円(最大5同時接続、インターネット経由、HDビデオ(720P)、資料共有)、「ルーム10」が2万9800円(最大10同時接続、インターネット経由、HDビデオ(720P)、資料共有、録画)、「ルーム25」が4万9800円(最大25同時接続、インターネット経由、HDビデオ(720P)、資料共有、録画)、「ルームルーム25VPN」が12万5000円(最大25同時接続、インターネット経由、HDビデオ(720P)、資料共有、録画)。

(岩井 健太)