日立オートモティブシステムズは12日、ADAS(先進運転支援システム)ECU(電子制御ユニット)が、日産自動車の新型「セレナ」に採用されたと発表した。

 「セレナ」はこれまで数々の先進安全技術を搭載してきたが、新型「セレナ」は渋滞走行と長時間の巡航走行の2つについて、アクセル、ブレーキ、ステアリングを制御してドライバーをサポートする自動運転技術「プロパイロット」を搭載しているという。同社はその機能を電子制御ユニットで支援する。