ベン・アフレック監督最新作!『夜に生きる』 ​(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

写真拡大

第85回アカデミー賞で作品賞始め3部門に輝いた『アルゴ』の監督・主演を務めたベン・アフレック。彼の監督・脚本・主演最新作『夜に生きる』(原題:Live By Night)の日本公開が2017年5月に決定した。

舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代に厳格な家庭に育ったジョーは、警官幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。ある日、ジョーは強盗に入った賭博場でエマと出逢い恋仲となるが、彼女は対立組織のボスの娼婦だった…それは裏社会においては絶対に越えてはいけない一線であり、ジョーの運命は大きく狂っていく……。

ポスト・クリント・イーストウッドとして充実のキャリアを重ねるベン・アフレックが、『アルゴ』以来5年ぶりに監督・主演をつとめただけでなく脚本も自ら関わる入魂の一作。ベンの長編初監督作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』以来2度目となるデニス・ルヘイン原作で、復讐と野心と裏切り、そして悲しくも切ない愛。激動の時代を生き抜こうとするギャングたちの生きざまを描いた犯罪ドラマに仕上がっているという。

■『夜に生きる』
2017年5月 全国ロードショー
​(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved.