イ・ジョンソク、ドラマ「青い海の伝説」撮影現場にカフェワゴンを差し入れ&サプライズ登場!

写真拡大

俳優イ・ジョンソクの温かな美談がもう一つ追加された。

イ・ジョンソクは9日、「青い海の伝説」(脚本:パク・ジウン、演出:ジン・ヒョク、パク・ソンホ) の撮影現場に「ジン・ヒョク監督、チョン・ジヒョン、イ・ミンホ先輩、愛してます。『青い海の伝説』ファイト!」「スタッフと俳優を応援します」と書かれた移動カフェと共にサプライズ登場し、視線を引きつけた。

ジン・ヒョク監督は「寒いのに『青い海の伝説』チームのために差し入れに来てくれた私たちのイ・ジョンソク、本当に本当にありがとう」と答えた。

今年6月、ドラマ「W」撮影当時、ジン・ヒョク監督が直接カフェワゴンとともに撮影現場に立ち寄りイ・ジョンソクを応援した。当時イ・ジョンソクは「敵陣にもかかわらず、単独で応援に来たSBSの切り札ジン・ヒョク監督ありがとうございます」というコメントを自身のSNSに揚げ感謝を示していた。

これまでイ・ジョンソクは、ジン・ヒョク監督の「検事プリンセス」(2010) を通じてデビューした後「ドクター異邦人」(2014)、そして韓中合作ドラマ「翡翠恋人」で縁を結んだ。2人はこのように互いにカフェワゴンをプレゼントしあい、一層絆の強い友情を誇示した。

イ・ジョンソクは4日、「シークレット・ガーデン」(2010)、「君の声が聞こえる」(2013) を通じて先輩後輩の関係になったユン・サンヒョンの娘の満1才の誕生日のパーティに出席し、惜しむことのない祝いを送ったり、以前は「君の声が聞こえる」と「ピノキオ」(2014) を通じて深い絆を結んだチョ・スウォン監督の作品「コ・ホ、星が輝く夜に」もカメオで出演した。

ある放送関係者は「イ・ジョンソクさんの固い義理は、放送関係者の中でも有名なほどで、今回も『青い海の伝説』のジン・ヒョク監督を応援するために直接乗り出て、美談の主人公になった」とし「何よりも義理男子として新たに出たイ・ジョンソクの今後の歩みにも期待してほしい」と紹介した。

イ・ジョンソクは2017年miss A スジとともにドラマ「あなたが眠っている間に」(仮題) に出演し、人気街道を継続する予定だ。