写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(公開中)が、2016年に公開された実写映画でNo.1となる最速で累計興行収入40億円を突破したことが12日、明らかになった。

11月23日に全国966スクリーンで公開し、初日から満席となる劇場が続出している本作。公開3週目となった12月10日・11日の興行収入も他作品の追撃を許さず1位をキープし、19日間で興行収入41億9,038万900円、動員289万2,812人を記録した。

19日での40億円突破は、2016年に公開された実写映画で最速。大ヒット映画『シン・ゴジラ』も超える記録となった。

原作者J.K.ローリングが脚本を書き下ろした本作は、魔法動物の調査で世界中を巡っていた魔法使いニュート・スキャマンダーと、魔法のトランクから逃げ出した魔法動物(ビースト)たちとの冒険を描く物語。エディ・レッドメインが主人公ニュートを演じている。

(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.