最新作は12月23日公開

写真拡大

 ミラ・ジョボビッチ主演の大ヒットシリーズの完結編「バイオハザード ザ・ファイナル」の公開を前に、過去シリーズ5作品を一挙に振り返る特別映像が、公開された。

 本シリーズは、カプコンの人気ゲームを基に、記憶をなくした女戦士アリス(ジョボビッチ)と、人類をアンデッド化したアンブレラ社の壮絶な戦いを描く。最終章となる第6作「バイオハザード ザ・ファイナル」では、アンブレラ社による人類せん滅計画を食い止めるべく、アリス、クレア(アリ・ラーター)、コバルト(ローラ)といった戦士たちが、“始まりの地”ラクーンシティでバトルを繰り広げる。

 2002年8月に日本公開されてから、約14年にわたる長寿シリーズとなったが、映像では各作品の見せ場を60秒に凝縮。跳び蹴りやビルの壁を駆け下りるといったアリスの超人的なアクションはもとより、ケルベロスやリッカー、宿敵ウェスカー(ショーン・ロバーツ)といった敵キャラクターも続々と登場。シリーズの魅力を伝えると共に、本作でアクション女優の地位を確立したジョボビッチのまったく衰えない動きのキレを確認できる。「バイオハザード ザ・ファイナル」ではこれまで語られなかったアリスの過去やアンブレラ社の秘密が明かされ、公開を待つファンにとっては本映像が完結編への期待値をより高めるものといえる。

 「バイオハザード ザ・ファイナル」は、シリーズすべてに携わるポール・W・S・アンダーソン監督がメガホン。12月23日から世界最速公開。