満を持しての映画化

写真拡大

 全世界累計利用者数3500万人以上を誇る人気ゲームアプリの劇場版長編アニメ「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」(公開中)の舞台挨拶が12月11日に東京・新宿ピカデリーで開催され、江崎慎平監督と声優の小林裕介、Lynn、木村珠莉、河西健吾、福島潤が登壇した。

 アニメ「モンスターストライク」は、2015年10月にYouTubeでアニメ版が配信され、16年8月27日には総再生回数1億回を突破。続く劇場版では、主人公・焔レンがモンスターによって過去に連れ去られた仲間を救うべく、時空を超えた冒険に出るさまを描く。登壇キャストに加え、水樹奈々、山寺宏一、坂本真綾、村中知、北大路欣也が新たに加わった。公開初日の12月10日には観客動員数20万人以上を集めたほか、週末興行収入ランキングでは初登場第1位を飾るなど好調な滑り出しを見せている。

 YouTube版から長らくレン役を務めてきた小林は「YouTube版アニメが始まって1年2カ月。スタッフ・キャストの心が1つとなったところで、はじまりの物語をこうやって大きなスクリーンで公開することができて、ここまでこられたんだなと素直にうれしく思います」と喜色満面。Lynn、河西も「1年以上かけた大きなプロジェクトに参加させていただけたことをすごく光栄に思っています。キャストとの仲も深まって、きずなで結ばれたメンバーとこうして大きな作品を作れたのでとてもうれしいです」(Lynn)、「こんなにたくさんの方が“モンスターストライク”を大好きだとおっしゃってくれて本当に感動しております」(河西)と満席となった客席を感動の面持ちで見つめた。

 キーキャラクターを演じた北大路は、ビデオメッセージを寄せて「きっとこの映画を見た後は、ちょっとだけ自分も強くなれたような気になれるんじゃないかな? 私は少年時代を思い出し、うんと勇気をもらいました! 友達や仲間を大事にしなきゃと思っていただけたらうれしいです。ストライクーショット!」と本作の決めゼリフに絡めたコメントで会場を盛り上げた。小林が、北大路の演技を「もちろん、100点です!」と採点すると、木村が「そんなに低いの? 私は5億点! 方言が本当に素晴らしくて、その地方の出身の方かと思うほどでした」と北大路の出雲弁を絶賛。福島は「(自身が演じた)オラゴンの次にうまいでアール」と締め、会場を笑いに包んだ。