USJの任天堂エリアは「SUPER NINTENDO WORLD」に決定、東京五輪前に開業へ

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、建設予定の任天堂エリアの名称を「SUPER NINTENDO WORLD」と発表しました。2020年の東京五輪前に開業予定としています。

投資額はUSJ単体で500億円超と、ハリーポッター(約450億円)を上回る見通し。任天堂エリアは大阪USJのほか、米国のオーランドとハリウッドのユニバーサルスタジオでもオープン予定ですが、USJが世界で最初にオープン予定としています。

SUPER NINTENDO WORLDは、任天堂の人気キャラクターやゲームの世界観を再現したエリアであるとのこと。最新鋭技術を活用した、「ほかに類を見ない世界初のライドアトラクション」(USJ)を有するとしています。さらに、インタラクティブエリア、ショップ、レストランなど有する、2層構造の巨大複合エリアになる予定とのこと。

敷地は、現在のパーク敷地内の駐車場と、将来の拡張用地の一部を拡張します。またUSJは、関西大学の試算として、SUPER NINTENDO WORLDオープン後の10年間でUSJが創出する経済効果は、近畿圏において6.2兆円、全国では11.7兆円。雇用効果は108万人に達すると試算しています。

USJは「Nintendoという日本が誇る素晴らしいエンターテインメント・ブランドの魅力を、日本国内のみならず、世界へ発信していきます」としています。