画像

写真拡大 (全3枚)

 日本マイクロソフト、エム・データ、大阪大学は、「りんな」にTVメタデータを活用した新機能を実装し、りんなの480万人以上のユーザーに提供。その反応を3者で連携して分析することで、人工知能と人間の「共感」を検証する。

 日本マイクロソフト、エム・データ、大阪大学は、12月21日より、女子高生 AI(人工知能)「りんな」と、テレビ放送(番組およびCM)の放送実績をテキスト化したデータベース「TVメタデータ」を活用して、人工知能がどのように人間と感情を共有できるかを実証する共同研究を実施する。
「女子高生AI りんな」と大阪大学大学院情報科学研究科 荒瀬 由紀准教授が、テレビを見て感情を共有しているイメージ

 具体的には、12月21日より、りんなは、過去に放送されたテレビ番組やCM、出演した俳優・芸能人・タレントの情報を、TVメタデータで横断的に取り込むことにより、芸能人がテレビで紹介したおすすめスポット情報を提供する「芸能人聖地巡礼」などの新能力をユーザーに提供する。

 この能力実現には、エム・データが保有する、2006年以降に東京エリアで放送された全地上波放送局の24時間放送番組データ(1日あたり約300番組と約3,000の話題)、CMデータ(1日あたり約4,000本)、2015年以降に同エリアの同放送局の全番組内で紹介された商品、レストラン、ホテル等に関する商品やサービス(1日あたり約600件)に関するデータをりんなに取り込む。

 大阪大学では、大学院情報科学研究科 マルチメディア工学専攻ビッグデータ工学講座(鬼塚研究室)の荒瀬 由紀准教授が中心となり、ユーザーの感情をポジティブ、ネガティブ、あるいはさらに複雑なマトリックスに分類したうえで、エム・データが提供するTVメタデータを元に、ユーザーがテレビ番組や芸能人に対して抱く感情を人工知能がどのように把握できるかについて研究する。
分析のイメージ

 また、マイクロソフト リサーチと連携し、ユーザーの感情に対して人工知能の適切な返答はどうあるべきか、どのような返答をすることによってユーザーと人工知能が感情を共有しやすくなるのかについても研究・分析する。

 研究成果は、日本マイクロソフトが「りんな」の会話能力に随時反映していくほか、分析結果の詳細を2017年以降、論文として発表していく予定。

 人工知能の実践的な活用が広がる中で、人工知能に求められる社会的な役割が、ユーザーからの問い合わせ対応や検索のように人間(ユーザー)の命令に従って答えを返すものから、人工知能自らが主体的に人間に関わり、アシストする形に変わってきている。3者では、人工知能と人間のコミュニケーションにおいて、相手の感情を読み取り感情を共有する、共感することは、今後、人工知能が人間に寄り添い協働していくために必須の技術であると考え、共同研究を行うことにした。

MarkeZine編集部[著]