写真提供:マイナビニュース

写真拡大

積水化学工業は12月12日、同社が開発した高安全・長寿命・高容量を同時に実現する大判サイズのフィルム型リチウムイオン単電池が、京セラが2017年1月2日より発売する住宅用蓄電システム向けに搭載されること、ならびに同蓄電システムがセキスイハイムの新製品「スマートパワーステーション "100%Edition"」に採用されたことを発表した。

同社は同事業を戦略事業として、2016年4月より社長直轄事業として展開を進めてきており、大判サイズという特徴を活かし、住宅のほか、大容量の蓄電能力が求められる車載向けを中心に今後展開していくことを計画しており、現在、さまざまな評価を各所にて受けており、それらの認証と並行して、製品化を進めていく予定とする。

このほか15年以上の長寿命性といった特徴があることから、基地局向けなどへの適用も考えられるとしているが、同社では当面、住宅と車載を中心に市場の拡大を図っていきたいとしていた。