EXO、日本ツアーが盛況のうちに終了!SMイ・スマン代表も応援のため来日

写真拡大 (全3枚)

EXOが、3rdコンサートツアーの日本ツアーを盛況のうちに終了し、“グローバルグループ”であることを証明した。

EXOは9月13日の広島公演を皮切りに、福岡、北海道、名古屋、東京、大阪など日本の主要6都市で3rdコンサートツアーのうち日本ツアー「EXO PLANET #3 - The EXO'rDIUM - in JAPAN」を開催し、東京ドーム、大阪・京セラドームなど計15回の公演に32万人を呼び寄せ、日本での高い人気を改めて証明した。

特に今回の日本ツアーのラストを飾った大阪・京セラドームでの公演は、9〜11日の3日間開かれ、この日のコンサートでEXOはデビュー曲「MAMA」のリミックスバージョンで公演の幕を華やかに開け、「Monster」「Lucky One」「White Noise」など3rdフルアルバムのダブルタイトル曲及び収録曲はもちろん、「Growl」「Overdose」「Love Me Right 〜romantic universe〜」などメガヒット曲のステージも披露し、パワフルなパフォーマンスと荘厳なステージ演出が相まった素晴らしい公演で観客を完璧に魅了した。

またEXOは、日本での1stシングルの収録曲「Drop That」、3rd単独コンサートで披露している新曲「EXO Keep on Dancing」など軽快なビートの曲で構成されたEDMセクションから、「Girl x Friend」「Heaven」などスイートな曲で構成されたキュートで可愛いセクションまで、多彩なカラーのステージでドーム公演の魅力を倍増させ、7日に日本で発売され旋風を巻き起こしている2ndシングル「Coming Over」のステージも披露し、観客から爆発的な反応を得た。

またセフンが自身のInstagram(写真共有SNS) に掲載した写真も話題となっている。舞台裏で、メンバーがイ・スマン代表と共に微笑んでいる写真だ。

加えてEXOの2ndシングル発売を記念し、日本の音楽・ファッション・若さの中心地渋谷では、大規模プロモーション「EXO SHIBUYA JACK 2016」を行い、大手ショッピングセンターの「渋谷109」にEXOのポップアップストアを出店したのはもちろん、建物の内外を全てEXOで覆う珍風景が見られ、日本最大のレコードショップタワーレコード渋谷店では、大型のアルバム販売台を設置し、EXOコラボグッズも販売するなど、現地の音楽ファンが大勢押し寄せ注目を集めた。

それだけでなく、渋谷を中心に東京都内を走りながらEXOのシングル発売を知らせる「EXOトラック」は、各メンバーの画像と団体ショットでラッピングされ、9台が列を作って走り、多くの日本人はもちろん観光客からも視線を集めるなど、渋谷全体がEXOシティになったような雰囲気を醸し出し、日本でも大人気のEXOの影響力を実感させた。