写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JBCCは12日、IoTデータのリアルタイム解析を行うサービス「Cloud解析MotionBoard」の提供を開始した。

「Cloud解析MotionBoard」は、IoTデバイスから膨大なデータをリアルタイムで収集・解析し、利用価値の高い情報をつくることにより、現場でのタイムリーな判断や意思決定を支援するサービス。JBCCの運用付きクラウドサービスとウイングアーク1stのIoTデータの解析に対応した情報活用ダッシュボードを融合したものとなる。

同社はこれまで、クラウド基盤の構築〜運用までを行うEcoシステムクラウドサービス「俺のクラウド」において、基幹システム情報の活用サービスやセルフサービス型のパーソナル解析サービスなどを提供してきたが、今回提供開始となった「Cloud解析MotionBoard」は、新たなリアルタイム解析のサービスメニューとなる。

具体的な特徴としては、専用のクラウド環境(シングルテナント)を利用した運用付きクラウドサービスで日々の運用監視業務が不要になるということ、高精度地図と位置情報を活用した経路・コスト・エリア等のロケーション解析が可能となることが挙げられる。また、リアルタイムAPIにより、様々なIoTデバイスから収集されたデータは瞬時に可視化されるほか、スマートフォンをIoTデバイスとして活用できる専用アプリケーションが提供されるということだ。

価格は月額27万円〜(税別)、5ユーザー、IoTデバイス10台の接続が可能。また、同サービスは、「俺のクラウド」で提供する他サービスと組み合わせることもできる。

(シマダマヨ)